debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2002/10/02

金のこと考えるとやっぱり鬱だなー

とりあえず結婚式の金(指輪とかも)、毎月の家賃、勉強するならその学費、貯金せな,,,
ってのもあるし。
とりあえず明日も元気で今日とかわらず朝日が見れると思えるのなら別に金はいらないんだが、そうはとても思えないんだよな。

平日には長時間テレビを見ないようにしよう

寝れなくなる。。ので。

rubyのhtmlパーサ

ふと気の迷いでrubyをさわろうと思い、HTTP1.1(全部ではない)に対応したcaching proxyを作ってみたが、その先の段階(というか本来の目的)でproxyでコンテンツをいじる段になる。が、tagの処理って面倒..なにしろものすごく記法が柔軟なHTMLが相手なので。
けっきょくそのまわりをどうするかで悩んでいたのだが、ありもののパーサがあるじゃないですか。へばりきって帰ろうとしたところでみつけたのでこれは明日見ることにしよう。

http://www.works-i.com/pdf/koyou_0210.pdf 「雇用の現状」10月号

http://www.works-i.com/special/freeter.html エグザクティブ フリーターのインタビュー

この肩書はナニだと思いますが、おもしろい。。

親の世代では、「仕事」は我慢して当たり前、だから給料がもらえるんだという考えを持っている人が主流です。さらにその中で、「大企業に入って、ちゃんと最後まで勤めあげて…」という価値観も重要なものでした。確かにその考えも間違いではありません。ただし、今の若い子供の世代にとっては、経済的な貧しさなど体験していない人が大半ですから、「そこまでしないとお金って稼げないものなのか」という素朴な疑問が出てきます。周りをみると、楽しそうに働いている人もいます。そこで、「でも我慢だけじゃない働き方をしている人もいる」というと、大人は「そんなのフロックだよ。おまえにできるわけないよ」と否定から入るわけです。ちゃんとしたコミュニケーションが成立しないで終わってしまう。本来は、お互いに努力してコミュニケーションするのが必要なのですが、なかなか難しい。
僕は、親の世代と子供世代の両方の価値観を共有できる今の30代の人たちが、この両世代のコミュニケーションの掛け橋になれるのでは、と期待しているのです。

いやーたしかにそうだなあ。我慢だけじゃないはたらきをするにはつくづく自己研鑽や投資はしておくものです。

とはいえ英語をすこしずつやってる程度だなあ今は。

朝の小田急は間引き運転だった。

おかげで15分以上もの間駅で待つことになった。ふだんより30分早く出たのに
着いた時間は同じ。。