debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

Postfix snapshots 20021212

Performance: doubled the default process limit (50->100) and default queue manager active queue message/recipient limits (10k->20k). File: global/mail_params.h.

Shortened the verify server’s negative cache refresh time from 12 hours to 2 hours. File: global/mail_params.h.

resolve_dequoted_address = no:
Translation: leave the damned quotes in place while resolving the true destination of a recipient. The default setting is "yes". This causes Postfix to discard the quotes in the envelope recipient address. It regenerates them later. This is technically incorrect, but it had to be done to prevent Postfix from getting the blame for unauthorized mail relaying by other MTAs (sendmail!) that look between the quotes for @ or other routing operators.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中