debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2003/08/12

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198611181/qid%3D1060736077/250-1670357-7081021 「遊び心」の経済学 あらゆるビジネスは娯楽へ進化する

まあこれも3年くらい前の本ではあるのだが、ファクターEとかいう言葉を定義してて
いろいろと身近なブランド戦略をぬっていくのがおもしろい。

国家公務員行政職職員の平均年収は615万3000円

ということらしい。つか各種の手当が謎じゃ。
まあ98年が6,423,000でピークだったらしいのでだいぶへってるんだな。
そうおもって調べてみると、
ここに、平均ではなく、もっと業種別、職種別に比較したデータがある。
「若い研究職は公務員が稼ぐ」とあるのだが、これはまあ公務員の研究職は
ほとんどがPh.Dを必要とすることを考えればあたりまえだと思う。
逆にいうと民間の場合は「研究所」といいつつ「製品開発所」だったりすることは多い。

まとめのデータ:をみると、看護師の低さがきわだってるな。やっぱり若いひとがおおいということか。

地方別「給与・物価・失業率からみた働きやすさ」グラフをみると歴然だな。。
まあ今はできうる限り自分を磨こう。

ちなみに千葉市のデータ:千葉市職員 平成8年度 平均給与 7786000円
うーむデータが古いな。
まあ2001年度は755万6000円だそうで。平均は42.6歳か。やっぱ公務員は歳とってるな。
歳とってるから平均年収があがるというだけのことだろうけど、やっぱり総体じゃなくて個々のデータが見たいという気もするが、、民間つかus&jpの会計基準でいいや。

千葉市人事委員会は7日、2001年度の市職員の給与について、給料表の改定を見送るとともに、期末・勤勉手当の年間支給月数を0.05月引き下げ、4.70月とするよう勧告した。給料表の改定見送りは2年連続、期末・勤勉手当の引き下げは3年連続。
 官民格差は0.08%(358円)で、内訳は基本格差0.08%(344円)、積み残し分0.00%(14円)。格差の年間相当額4296円を地方自治法の改正を待って、国と同様に一時金として支給するのが適当としている。
 勧告が実施されると、一般行政職(平均年齢42.6歳、平均経験年数21.1年)の平均給与月額は358円増の45万960円。期末・勤勉手当の引き下げで、平均年収は0.2%(1万8000円)減の755万6000円になる。これに伴い人件費は約1億4000万円節減される。