debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

Debian JPパッケージリリース廃止の経緯を後世に伝えなければならないか。

ひぐちさんblogに、

日本ローカルの日本語化のパッチが積み上がって、新しいバージョンが出るたびにパッチを作り直したりしなければならないというようなことが起きてしまいます。このようなことは、我々にとっても、また、本流(国外の開発の中心メンバー)にとっても、望ましいこととは言えません。日本で開発されたパッチが Apacheの本流に直接統合されるようにすることが大切であると、安藤先生は言っていました。OpenOffice.orgのユーザ会での活動を見ていても、FreeBSDでの長年の開発経験を持っている中田真帆さんが、日本の活動はOpenOffice.orgの下に統合されるべきだと言い始めました。また、OpenOffice.org側でも、世界中に多くのローカライゼーション要求があることに気づいており、多くのnative-lang(各国語対応)プロジェクトが活発に活動しています

安東さん.だよね。漢字。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中