debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2005/02/18

webrickをわすれていた

必要があってhttpdをこさえないといけなくなったのでつかってみた。
というかgenericサーバの皮も用意されていたとは知らなかった。
実装を参考にしまくろうとおもった。

PC3200メモリを購入。

朝から秋葉にいったわけだが、秋葉の店はほとんど11時開店なのをわすれていた。
かなり長い時間を無駄にした。4軒くらいまわって結局サムスンのを買う。Tzoneでは相性保障を300円でつけてくれるようなのでそうした。まあそれでもサムスンのが9000円でノーブランドは6000円。512Mのを2枚とマウスとDVD-RW5枚で2万ちょい。

ホイールをおすことが多いわけだが(firefoxでtabで開くときとか)いままでのはだいぶがたがきてて、プッシュするときにホイール回転+pushでこまったことになっていたのでそれが解決できてちょっとストレス減少。

さて、MBにメモリをさす。このMBはスロットが4つあれどPC3200は2枚までしかだめ、と説明書にかいてある。それを無視してとりあえず2枚追加。rebootかけると1.5G認識します。ラッキーとおもってmemtest86をかけると60%くらいいったところで画面がむちゃむちゃになる。まあいいやとおもってdebian boot。無事。Xをあげたところでささった。
しょうがないのでかってきた2枚だけにしたらすべて無問題。
いままではswap逝きがおおかったのでかなり快適になった。が、すぐにそれにも慣れてしまうに違いない。