debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

Postfix ATRN implementation notes

む! ATRN対応か。しかし、ETRNもそうだが実際に使っている場にはあまりでくわさない。というかちょっとやってみた、というのはあっても常時接続が当然な環境にいるせいなのか、たんに商用サービスでないからなのか、つかっているのを見ない。

atrn_domain_login_maps = type:table (これで有効に)
atrn_recipient_maps = type:table (なくてもいいけどあったほうが)
atrn_destination_concurrency_limit=1 (default)
atrn_domains = $atrn_domain_login_maps (default)
atrn_transport = atrn (default)
fast_flush_domains = $relay_domains $atrn_domains (default)

あとはmaster.cfにatrn追加。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中