debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2006/08/10

firefoxのコピーバッファとgnomeのコピーバッファで妙なことが。

そのうち気がつかないうちになおってそうだが。

<Ar-> firefox内の文字をマウスでコピーバッファにいれて
<Ar-> それをgnome terminalに出すのは問題なくできるが
<Ar-> その状態のままgnome terminalで文字をえらんでも
<Ar-> それがコピーバッファにはいらない
<Ar-> ctrl-shft-v では pasteできる
<Ar-> なんかあつかいが別なのかな
<Ar-> 昨日はこんなことはなかったと思うわけだが
<Ar-> んで firefoxにもどって
<Ar-> mouseの中ボタン pasteすると最初のfilrefoxでえらんだ文字がはいって
<Ar-> firefox内でC-vするとgnomeでえらんだ文字がはいる
<Ar-> 今日xいじってたからそのへん影響してんのかな..

影響しそうな物がおおすぎでわかりません。とりあえずメモ。

広告

Xorgでのevdevをつかって、複数のマウスを認識させる

というか、本当は同僚から ぶーどぅーばんしー を借りれたので、ぶっさしてmulti headふたたびをやろうとして、失敗したの発端。普段マシン落とさんものですから。。

  • SpaceSaverキーボードのトラックポイント
  • USBマウス

を、evdevで認識させる、たったそれだけのためにちょっとはまったわけでした。

結果としては /etc/modulesにこんなのを追加。

hid
usbhid
usbmouse
mousedev
evdev

usbまわりのmoduleのloadができてなくてevdevだけだとusb mouseを認識しなくて困ったのであった。

xorg.confでは2つ目のマウスにSendCoreEventsを書くのをわすれて一部はまったりした。xorg.confの抜粋はこんなかんじで。

Section "ServerLayout"
        Identifier     "XFree86 Configured"
        Screen      0  "Screen0" 0 0
        InputDevice    "Keyboard0" "CoreKeyboard"
        InputDevice    "trackpoint evdev" "CorePointer"
        InputDevice    "usb mouse evdev" "SendCoreEvents"
EndSection

これを追加したのでマウスがなくても起動できるようにしたのはまあいいとして。

Section "ServerFlags"
        Option "AllowMouseOpenFail"  "true"
EndSection
Section "InputDevice"
        Identifier  "trackpoint evdev"
        Driver      "evdev"
        Option  "Device" "/dev/input/event1"
EndSection
Section "InputDevice"
        Identifier  "usb mouse evdev"
        Driver      "evdev"
        Option  "Device" "/dev/input/event2"
EndSection

さて、radeon9850 + radeon9550でのdual headはxorg6.8.1ではできていたのに6.9になったあたりでできなくなったまま放置してあるのだが、とっととできるようにしないと仕事の能率がおちるな。