debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2007/01/24

最短3秒ごとにGPS情報をとるというイチしるべサービス

ほしいなあこれ。外に位置情報を出せるなら欲しい。

  • RS232Cポートがついてるらしい
  • KWINSのサービスのひとつらしい
  • iPAQでやれ、という話もある
  • 武藤佳恭教授はたいへんてびろく共同研究をされている人らしい。この先生がでたケースウエスタンリザーブ大学どっかで聞いたことあるなあ、とおもったらknuthの卒業大学で、3年くらいまえに銃乱射事件があったとこだ。

アスキーの記事:
“SAVE PLATFORM”は、GPS端末から位置/移動速度/方位/時刻などの情報を、“KWINS 3G”の回線を通じて取得し、同社のデータセンター“D@TA Center”に蓄積後そのデータをリアルタイムで顧客のサーバーに送信するASPサービス。同社と慶応義塾大学 環境情報学部教授 武藤佳恭(たけふじ よしやす)氏、(株)ジーシーシーの3者が共同で開発したもので、最短3秒間隔で位置情報を取得できるのが特徴。位置情報の自動保存機能/端末の管理機能 /送受信設定機能も備えている。GPS端末にはKCCSのGPS端末『イチしるべ』を利用し、端末からサービスの運用/管理までKCCSが提供できるのも 特徴としている。他社のGPS端末への対応は検討中という。

『イチしるべ』

『イチしるべ』

『イチしるべ』(GPS-01)はGPSモジュール/通信回路/組み込みパソコンを一体化したGPS端末。OSにはLinuxを搭載する。利用目的 に応じたアプリケーションを実装できるほか、機能の追加や修正も可能。外部からのリモートによるプログラム書き換えにも対応する。インターフェースはシリ アルを装備。GPSモジュールの位置精度は±2.5m(CEP)。本体サイズは幅100×奥行き140×高さ23mm(突起部、通信カードを除く)、重量 は260g。

https://i1.wp.com/www.kccs.co.jp/press/download/archives/gpis_web.jpg