debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2007/02/15

自転車通勤終了予告

会社から自転車通勤はやめるように。どうしても継続したければ止めないが、自転車通勤の場合に雨降って電車つかっても金はでなくなります、という通知が人事からやってきた。いろいろ考えたが現実的な選択として電車通勤にするしかあるまい、ということに。
いまチャリが2600kmを超えたくらい。この通勤用チャリが納車されたのが去年のMar.9。1年きっかり乗って終了としたい気もするが長くて今月末でチャリ通は終わりそうだ。

このチャリ通がおわるまでにやりたいこと

  • ハートレートモニターをつけて通勤したことがなかったのでやってみる
  • GPSでトラックしてみる
  • PlaceEngineでもトラックしてみる
  • 途中よってみたかった店に片っ端に寄ってみる
広告

じゃじゃ麺弁当をはじめてくれ〜

まくつ先生からおしえてもらったネタ。

  • 弁当業者は儲かったんじゃないか? とか考えると商店街も弁当はじめればいいのになあ。
  • 昼休みは1時間のまま無給にすりゃ文句ないよなあ
  • 「他県では、4月から休息時間を廃止する群馬のように、勤務終了時間を15分遅らせる代わりに昼休みを1時間にする工夫もみられる。」ってこともあるらしい
  • というか裁量制にはできないものなんだろうか。

Yahoo!ニュース – 河北新報 – ランチ売れない商店街「つらい」 岩手県庁「有給休息」廃止で昼休み短縮:

盛岡市の岩手県庁周辺の商店街が、ランチタイムの売り上げ減に悲鳴を上げている。公務員優遇批判を受けて全国的に始まった有給休息時間の廃止を機に、1月から昼休みが45分間に短縮され、県職員が外食を控えるようになったことが響いた。
「地域への配慮がない」として商店街が14日、休息時間復活を県に陳情する異例の事態に発展した。  岩手県は、先行して廃止した国にならい、昼に15分、午後3時に15分あった有給休息時間を1月に全廃。昼休みは正規の休憩時間(正午—午後零時45分)だけになり、「外で昼食を取る時間がなくなった」と、庁内で販売される弁当などで済ませる職員が急増している。  
近くの合同庁舎などに勤務する職員や臨時職員も含め、県庁付近には約2600人の職員がいる。官庁城下町として、職員の懐を頼りにしてきた内丸地区で影響は特に深刻だ。  飲食店50店以上が加盟する内丸第2町内会が1月に行ったアンケートでは、「影響が出ている」とした店舗が62%。そのうち27%は「売り上げが50%以上減った」と回答した。
観光客にも人気で、行列ができる店と知られる、じゃじゃ麺の白龍(ぱいろん)は「昼にお客さんは2回転したのが1回転になり、行列もできなくなった」と嘆く。