debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2007/05/08

博士(コンピュータ科学)の名刺はもらったことがありません。

博士(コンピュータ科学)の名刺はもらったことがありません。単に工学だったり理学だったり情報科学だったり、USの人のでもらったりするのはよくあるんですが。

どうしてプログラマに・・・プログラムが書けないのか?という記事が今日ちょっと話題に。そのなかで

応募者の驚くほどの割合の人たちが、コンピュータサイエンスのマスターやPhDの学位を持っている人たちでさえ、面接で基本的なプログラミングのタスクをやらせたときにうまくできないでいる。

というのがあった。この記事をみて、日本には博士(コンピュータ科学)を出すとこなんてないのでスルーしとけ、とおもったのだが、調べてみるとhttp://www.i.u-tokyo.ac.jp/edu/course/cs/index.shtmlあたりの博士論文のあたりがどうもそれっぽい。気がついてないだけで結構いるのかもしれない。

まあどうでもいいのだがJavaやC言語など情報科学の基礎となる技術とか書いてあるページもみつけてしまった。認識のズレか。

apache2.2でのNTLM認証設定

ちょっとはまったのでメモ。まあ

  • aprがちょっとかわってたのと、
  • apxs2をつかうようにするだけのこと

NTLM auth module for Apache/Unixをみりゃすぐできるかなと思ったのだが、そうでもなかった。

まずはapxs2をつかえるようにdev関係をいれる。次にsvnでソースとってくる。

 svn co https://modntlm.svn.sourceforge.net/svnroot/modntlm/trunk

ちょっと修正。

Index: mod_ntlm.c
===================================================================
--- mod_ntlm.c  (リビジョン 45)
+++ mod_ntlm.c  (作業コピー)
@@ -673,7 +673,8 @@
         return NULL;
     }
 
-    apr_pool_sub_make(&sp,p,NULL);
+    // apr_pool_sub_make(&sp,p,NULL);
+    apr_pool_create_ex(&sp,p,NULL,NULL);
 
     while (!(ap_cfg_getline(l, MAX_STRING_LEN, f))) {
         if ((l[0] == '#') || (!l[0]))

apxs2 -i -a -c mod_ntlm.c

echo "LoadModule ntlm_module /usr/lib/apache2/modules/mod_ntlm.so"> /etc/apache2/mods-available/ntlm.load

a2enmod ntlm

設定はまあ

<Location />
AuthType NTLM
NTLMAuth on
NTLMAuthoritative on
NTLMDomain ドメイン
NTLMServer サーバ.ドメイン
NTLMBackup バックアップ.ドメイン
Require valid-user
</Location>

というかんじで。