debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

BD-1のビアンキ向けOEMを親に買う

image

BD-1がビアンキブランドで売られているとFretta-Tという名前になる。そのままBD-1買うよりは2万くらい安い。何でだろう。どうみてもFretta-Tのほうがパーツの質がいいように感じるのに。代理店の為替レートが違うんだろうか。こまかいところはみてないが2005年以降のモデルのはず。外装8段だし。タイヤはBirdyなので2007年モデルではないと思われる。違うところは

  • ホイールが違うな
  • シフターがグリップシフター
  • スタンドがついてる
  • ペダルが靴に刺さるタイプ
  • 色とビアンキロゴとエンブレム
  • シートピラーに数字がふってある

父が乗れるようなチャリはすでに家にあるのだが母は高いサドルだとのれないこともあって家にあるMTBの類には乗れない。BD-1ならその辺の問題は全て解決するので親も健康づくりのために乗ってくれ、ということにして母にプレゼントした。まあたまには俺も借りるけどなー。

朝から仕事して会社いって、そうだ親に自転車を。。と言ってたのを思い出したので午後から行動した。

  • 晴海のセオに行ってみたが、いいのがなかった。 というか選択肢狭すぎ
  • 幕張のセオには電話してみたがフォールディングはおいていないといわれた
  • おかちまちのYsに行ってみるが、BD-1は高いのしかおいてなかった。
  • ららぽーとのセオに行ってみた。1Fにある店は普通のロード向けの店でフォールディングは売れ筋とみられる3万くらいのしかなかった
  • ららぽーとwest 3Fにはいっぱいあった。結局そこで買った。今回は輪行袋を買わなかったがそのうちかうかもな。

おまけ。ららぽーとのコールドストーンクイーンマリーもかなりの行列。外で並んでいる人にメニュー渡して選ばせていた。

image

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中