debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

月別アーカイブ: 9月 2007

家から一歩も出ず

今日は10・5にある輪講の準備を延々としていた。おまけに下痢っぽい。なのに体重は減らず。運動する暇なく。

博士課程の授業料がゼロになるという報道があったので税金とかからむと実際のとこどういう扱いになるのか考えてみた

今日日経をみていたら、こんな記事があった。きっと新聞記事は消えてしまうのであえて全文を引用
東大、博士課程の授業料「ゼロ」・頭脳流出歯止め狙う

 東京大学は来年度から、大学院博士課程に在籍する学生(約6000人)の授業料負担を実質ゼロにする方針を固めた。国立大では初の試みで、財源に約10億円を充てる。欧米や中国の一流大との“頭脳獲得競争”が激化する中、国内外の優秀な学生を招くには奨学制度の抜本的な充実が不可欠と判断した。

 東大によると、博士課程の授業料は年52万800円。在籍する約6000人のうち約3500人はすでに各種の奨学金や研究奨励金を得ており、残る約2500人から休学者を除いた約1700人の支援財源として約10億円を経費節減などで工面。1人当たりの支給額は約58万円で、授業料を賄える計算だ。(16:00)

この記事を見ると、「各種の奨学金や研究奨励金」を得ている人には与えられない、というように見える。ということはこのお金は「支給されるもの」であり、「免除されるものではない」と推測されるが、実際のところどうなるのであろうか。

文科省がやっている国費留学生のように「国立は不徴収、公私立は文部科学省負担」であれば、その58万円は完全な真水で、全く問題なく使えることになる。

一方で、COE研究員とか学振だと給与としていただく形になり、税をさっぴかれることになる。仮にそうだとすると、自分は社会人学生なわけで、税をさっぴかれることは間違いない。バイトしてる学生も58万ももらってしまうと勤労学生控除の65万枠は軽く超えてしまう。

ああ授業料が所得から全額控除できればいいのになあ。個人の場合そんなことは全く考慮されていないし、法人の場合の人材投資促進税制(教育訓練費の税額控除)についてのタックスアンサーの回答をみても大学の学費を適用するのはむずかしいようだ。

日経お得意のリーク記事な気がするのだがまあ若干の期待をしつつ見て行きたい。

がんばろう

最近HPLのリーダがかわったのだが、マーキュリーニュースのインタビューでこんなことをいっている。

San Jose Mercury News – HP Labs to narrow its research focus:

He said 20 percent of the labs’ current 150 projects will be axed, the goal being to choose projects where HP could have the most impact in the future. And every year, for the next five years, he and the committee will continue to review and jettison 20 percent of the labs’ projects.

jettison = abandon, discard, dump, eject, expel, scrap, throw overboard, unload というかんじかなるほどー。と、勉強のネタにもなるので暇なひとは読むといいかも。

CEDEC2007というかゲーム屋はくさいようです

ここのところ用事がないので行っていないが、CEDECというゲームイベントが東大の電気というか二号館でやっている。

自分はGDCに春にいったし興味はゲームではなくIMSなので、ざっと講演予定などを見て、時間もないし見送りにすることにした。まあ技術的にはおもしろい発表はあったようだ。暇ならいきたかったな。

しかしながら

かなり大きなイベントで2号館のあちこちの教室を使ってやってます.おかげで2号館は異臭が立ちこめエレベーターの待ち時間は従来比2倍でした.

という二号館の住民K氏の声。異臭の原因はホールにやたら人がいて普段の数倍サブウェイが潤ってそうなかんじがするのだがどうか。あと、エレベータは普段からなんだありゃ、というかんじの運用なかんじが。

来週から授業がはじまる。社会人としては昼間あるきまわるわけで、きびしい4ヶ月のはじまり。授業で二号館にいくわけで、来週からはエレベータのせいで遅刻、ということにならんようにしないと。

11・9までみっちり

これからしばらくは休みなし。というよりむしろやべえまずい、と思う前には休まないとな。先週散々充電したじゃないか、といわれそうではあるので老獪な戦略でいきたいところではあるが、何しろ実装しないといけないのでどうなるかわからない。

ともかく11/9は人生を左右しかねない発表を2つもやらないといけない。

  • 11/9 会社デモ
  • 11/9 成果輪講発表
  • 10/5 調査輪講発表
  • 10/29 11末の神戸イベントポスター締め切り
  • 9/30 11末のアキバイベントabstract締め切り

ActiveScaffoldの代わりになるかと期待してstreamlinedをためしてみる

残念なことに8/1時点(trunk)のActiveScaffoldはhas_many :throughでモデル化されたものについてeditすることができていない。7/21のメールではできるよー、って話なんだができてないのでまあそこのあたりは作るかなと。

そこで0.0.6からすでに対応している、とのたまっているstreamlinedをためしてみた。ためしたのは、すでにact_as_streamlinedになっている最近のやつ。http://www-128.ibm.com/developerworks/java/library/j-cb09056/にるDWの記事をみたり、してみたのだが、

  • どうにもhas_many :throughの先をeditすることができない。
  • たとえばAuthorsモデルをいじるには controller => ‘author’ にするのが前提で、Admin::authorをつくってディレクトリの下にとじこめようとしても、/author/edit…みたいなのをlink先として作ってしまう(いちおうauthorのところは別のに変えることもできる)のでどうも気にくわない。

バーガーキングでダブルワッパーwithベーコン&チーズをいただく

ホテルを朝5時半に出たので、スワンナブームについてから150BHTの豚とご飯をたべたのだが、ひどい代物というか、今回の旅で一番どうしょうもないタイ料理を食べた。

おまけに量もすくなかったので、どうしても何かがたべたくなり、そこにちょうどバーガーキングが。そしてワッパーの上というかダブルワッパーwithベーコン&チーズセット295BHTがあったのでえいやで注文してみる。日本では600+270+210円なので、VATを考慮するとほぼ同じ値段。なんというか結構うまいよおい。そしてあっさりと食べてしまった。大変満足した。ワッパーを日本で食べたのはnaist時代で、そのころは金もなかったしダブルワッパーを食べたことがなかったが、なんだかダブルワッパーのほうがはるかにうまいというか満足感があるな。

ちょうどホノルルからの便到着と重なってしまったよう。帰りの便では頭をひねったりいろいろしていた。荷物をスカイポーターに押し込み成田空港から離れる。

はずせないバンコク観光

バンコクは初めてなのでおさえるべきところを押さえた場所に観光。9時半くらいにホテルを出て、サイアム経由タクシン駅BTSからツーリストボートにのって、川を行く船で王宮周辺へ。まずは渡しで対岸で仏塔にのぼった。次にでかい寝仏もおがんだし、王宮にも行ってきた。

そして終了後ふたたびボートとBTSで移動して食事。今日はMBKの中のThe fifthという5階にあるちょっと高いフードコートへ。6Fにはもっとリーズナブルなのがあったようだ。

食べ終わったときに4時過ぎとかになっていたので、これが今回最後のまともな食事になった。また今回もタイ料理でー、と思ったのだがプリックキーもないし、トートマンクラー/プラーもなかったので適当にうまそうなものをぐるっと探す。その結果フィッシュティッカとタンドリーチキンをインド料理のとこで買い、シンガポール料理のところでソフトシェルクラブの黒胡椒炒めが餡になった汁なし麺、マンゴーラッシーをたべる。食べ終わった後で思い残すことがない様にぐるっとまわってまで確認をしてみたり。

MBKと東急でお買い物。母に頼まれていたシルクを買ったり調味料買ったり、お土産買い物の仕上げをした。バンコクではやたらと男性用の美容液?美白液?みたいののCMをやっていてちょっと買ってみた。

その後ホテルにもどってバーでちょっと休憩したりして荷造りをして終了。お土産用に買ったけどどうにもかさばってスペースがないので、カルビーかっぱえびせんをビールの肴にしてのんびり。

image

アユタヤ行きとEmporiumとタイマッサージ

朝おきて飯くってアユタヤツアーへ。ツアーなのでとりあえず抑えるところは抑えられたかなと。あまり人がとらないと思われるアングルの足の裏などとったりしていた。

image

7時半集合で、戻ってきたのは13時半ころ。ちょっとホテルでうだうだして、Emporiumへ。Emporiumでは熱帯雨林をまもろうキャンペーンをしていた。

いろいろ眺めてからこじゃれフードコートでヤムウンセン、ソフトシェルクラブ揚げ、スムージー、ハワイアンバーガー、マンゴーチーズケーキ、パパイヤマンゴーなど食べても800BHTくらいだった。タイ的には十分高いのは承知しているが、この空間なら納得だなと。

Emporiumにインターネットカフェがあってそこのニーチャンにwifiはないのかと聞いたら設定してくれたので50BHTはらって重要なメールをチェックする。

ホテルに戻ってからタイマッサージへ。チャウエンビーチでやったとこより指圧系で痛い痛い。というか肩やら背中やらをゴリゴリやられて大変痛い。おわってホテルの部屋にもどったら9時ちょっと前。

Emporiumのフードコートが9:30ラストオーダーだったので、夕食に行くことにした。昼間とちがってかなり空いていた。席についたら9:15ころになっていて、係の人に後15分で注文おわりだけどイイか、と確認されておかしーな、とおもったのだが、人気のない店っぽいところはオーダーストップ前なのに閉店モード。さらには椅子をテーブルの上にどんどん乗せられて自分たちがいるエリア以外は片付けられた状態に。終了後見ていたら、私らがラスト2の客だったようだ。

image

サムイ島最終日

朝は6時前に目が覚め、一瞬風呂でも入ろうかと思ったがそんなこともせずちょろっとコードいじったりなんかしているうちに朝飯。

今日は朝飯を食べたらチェックアウトするだけなのでのんびり朝飯を1時間以上かけて食べた。えびいりのおかゆ(味はタイ料理によくあるカスタマイズ可能なかんじ)が気に入ったので4杯くらいたべた。だんだんすっぱ辛くしていくのがパターンになってしまっているな。

チェックアウトを無事済ませて数日間お世話になったガイドさんに送ってもらって空港へ。空港は例のリゾートホテルのロビーのようなこじゃれ空間で、トイレに4mくらいありそうな水槽があったりする。一応wifi探しをしてみるが見つからず、しょうがないのでキオスク端末へ。しかし、、パスワード忘れていた。今は調べなおしたけど、忘れていたので何もしなかった。