debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2008/01/10

タイしゃぶ・タイ料理 エラワン新宿靖国通り店

今週はじめて朝から夕方まで一日会社。そして夜は会社の新年会というか、knok風に言うと決起集会か。3月からはじまるネタを明日ミーティングということで。

タイしゃぶ・タイ料理 エラワン新宿靖国通り店 というところ。アドホックの8F.やってきたわけだが、自分の前にある鍋は肉魚なし。というか人数、鍋、皿いろいろと問題を感じる店。コジャレだしオンナノコたちもけっこういたのでそういう目的にはいいかもしれない。

広告

NetgearがMetamaterialをもう持ってきたというのは驚きだという件

正直Metamaterialの定義を聞くまでは、Metaな物質ってなんだ? とかアホまるだしなことを思ったわけだが、誘電率も透磁率も負になるブツが、最近の物質に関する研究の進化で(特定の周波数領域において)そういう特性のあるのがみつかってきたり作れるようになった、ということね。

1999年頃にマイクロ波あたりで見つかっていて、可視光、遠赤とみつかっていったようだがそれにしてもなんでそういうネーミングにしたんだろ。歴史をさがしてみたがコレダーというのがみつからず。。

中野さんの解説を聞いてわかった気になるMetamaterialの11n/gへの応用: 自分だとフェーズドアレーアンテナはわかるのでまあ、その立体版だという応用はわかった。2.4GHz(1.4GHz – 2.53GHz)あたりだと2005くらいにはじめてできたようなかんじなのがもう出荷されるのがすごいことらしい。

Metamaterialは、既存の無線LAN製品で最高クラスの通信品質・信頼性を内蔵アンテナで実現するスマートアンテナ技術だ。「アンテナが多いほど通信は安定するが、本体に収めると品質が悪化する。これまでデザインとパフォーマンスは両立しなかった」と製品担当バイスプレジデントのVivek Pathela氏。同社では、今後発売する無線ルーターのRangeMax Wireless-Nシリーズ全製品にMetamaterial技術を採用するという。

【レポート】CES 2008 – 無線LANを高速・シンプルに、NetgearがWireless-N新製品 | 家電 | マイコミジャーナル