debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

P2Pネットワーク技術を利用した分散型ネットワーク障害検知システム

山本 寛仲道耕二宗宮利夫富士通研

マルチメディアサービスには障害箇所を特定する技術が求められる.Network Tomography技術を利用.品質劣化したパスが多く経由しているリンクを障害箇所と推定.

提案システムの特徴: エンド端末でのみで動作する.P2P使用.自律的に基盤を構築.

障害箇所の検出は,エンド端末それ自体では局所的になってしまう.

エンド端末は同じサーバに接続しているエンド端末が同一の論理木に所属させる.

そういやcdn.debian.netでやりたいなー.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中