debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

A Simulation Study of Distance-Based Packet Relay for Inter-Vehicle Communications

Niwat ThepvilojanapongShinji MotegiAkira IdoueKDDI Labs.

S53以来衝突事故と出会い頭事故が年々増加している.他は減っているか横ばい.

Relay Control Protocol(RCP)とD-RCP

ASV projectでのrequirementベースの開発.半径200m

Floodingとくらべると30packets/sとかより早くなってもreception rateが落ちない.50くらいになってもD-RCPなら80%以上を維持できる.遅延もない.

QA

  • 交差点での車間距離X.Yはどう設定したのか
    • ASV projectのrequirementにしたがった.Xが5m, Yが100m.
  • 実際はナナメな交差点とかあるけどどうしてるの?
    • 実際の地図をつかった.25km x 25kmの3700以上の交差点
  • transmmission rateの定義は?
    • ほんとうにはこばれたパケット.遅延は再送などで発生.
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中