debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

B-7-78 オーバレイネットワークを活用した位置情報ルーティング方式の負荷分散機構 ◎蕨野貴之・松中隆志・岸 洋司(KDDI研)

ユビキタス環境では位置情報を使ったサービスディスカバリがでてくる.現在はサービス毎にやっているが,これがインフラによって提供するようになる.

Chord上に管理DB,ID登録うけつけ,位置検索,パケット配送機能を持つ.

ID構成に工夫.緯度経度をインタリーブしてサービスIDの後ろにくっつける.そうすると緯度経度が近いと似たIDになる

位置検索方法:ユニキャストモードは最長一致,マルチキャストは規定ビット長以上のマッチ

サーバ移譲もできるようにした.

# なかなかおもしろいというか自分のに生かしたいなあ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中