debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

B-7-81 次世代ネットワークにおけるグループ通信のためのセッション制御方式 ◎田坂和之・今井尚樹・磯村 学・井戸上 彰(KDDI R&D Labs.)

NGNでの複数間でリアルタイム通信するときにユーザが状況に応じて複数の通信デバイスを自在に選択可能な環境

異種端末通信とサービスモビリティを実現する

提案: メディアミキシングとセッション制御をおこなうASを置く.基本的にINVITE/re-INVITEをしまくる.

Q:サーバ側負荷おおきいのでは

シグナル側は問題ない.メディアミキシングのほうが大変.まあ今回はあまりそのあたり考えなかった.

Q:ユーザと端末/テレビとかの関係は追っているのか

プレゼンス情報としてどんな端末でどんな能力を持つのか,などをサーバに送っている

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中