debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

mac, linux, vistaでどうrsyncするべきかで悩む

macはありがたいことにrsyncがデフォではいっているので簡単にmac->linuxはできた.ただrsyncのoptionをみていると

-E –extended-attributes copy extended attributes, resource forks

というわけでこんな妙なoptionがあるようです.
linuxにうつしたファイルのうち濁点半濁点があるファイルをsambaとか経由してvistaで開いて編集してsaveするとファイル名が異なります.よくみるとunicodeの処理の関係で,macは合字に,vistaでは一文字にするのでありました.

rysncは3.0から–iconvがつくようになって,cwRsyncというwindows用のやつでも使えるようになっているようなのでそれをつかえばよさそうだ.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中