debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2008/07/15

macosx debian vistaでファイル共有をする

まあこれもまたこんなの簡単だろう,とおもっていたらはまっていたのでメモ.

先日はmacはありがたいことにrsyncがデフォではいっているので簡単にmac->linuxはできたなどと書いていたが,実はそんなに簡単じゃなくて,rsync 3.0 にして –iconvをつかえばokそうだ,とも書いたののまとめ.

基本的には

  • mac<->debianはrsync3.0.3でsync
  • debian<->vistaはsynctoy2.0を使う.
  • mac portsでrsync3.0.3にする.いれたrsync3.0.3にPATHをちゃんと通しておく.
  • iconv –listをして UTF-8-MACがあるのを確認する.
  • debianで使うfile名のencodingを決める.UTF-8でいいだろう.
  • rsync –iconv=LOCAL,REMOTEと指定するので,–iconv=UTF-8-MAC,UTF-8 にすればいい
  • macでつかうtimemachineとかのfileは除外

そんなわけで

macからdebian

rsync --iconv=UTF-8-MAC,UTF-8 -u -a --progress ~/Documents/{work,private} debian:Documents --backup-dir=~/tmp --delete --exclude ".DS_Store" --exclude ".com.apple.timemachine.supported" --exclude "SyncToy_*.dat"

debianからmac

rsync --iconv=UTF8-MAC,UTF8 -u -a --progress loon3:Documents/{work,private} ~/Documents --delete --exclude ".DS_Store" --exclude ".com.apple.timemachine.supported" --exclude "SyncToy_*.dat"
広告