debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2008/10/05

自腹を自腹と思わないことが大事な気もするのだが

理科教師の75%「自腹切った」=実験用備品が不足−公立中調査・教育政策研など(時事通信) – Yahoo!ニュース

理科教師の75%「自腹切った」=実験用備品が不足−公立中調査・教育政策研など

10月4日14時56分配信 時事通信

 公立中学校の理科教師の75%が実験、観察の教材を自費負担した経験があることが、科学技術振興機構と国立教育政策研究所の調査で分かった。6割強の教師が各学級で週1回以上、実験などを行う一方、多くは「設備、備品が不足している」と訴えている。

こんなnewsが流れていた.まえにぐぐるとやばい話がいっぱいでてきて,

平成18年度に配分された813億円について文部科学省が調べたところ、実際に教材の購入に充てられたのは533億円と全体の66%にとどまったことがわかりました。

という話もある.いやあ先生大変ですね..

自腹で出すものは自分のためだから,,ってことでいろんなパーツやPCや本や交通費を自腹で買うことも多かったけれど,最近それは「会社を甘やかしている」という風に考えが変わってきています.
会社の色やヒモがついたものを使うのなんてイヤだから使わない,という人も身近にいて実にカッコイイのですが,
それではどうにもやってらんないものもあるわけでして..

本とかPCとかはまだ消耗しないので自腹でもいいやという感覚になりがちなんですが,それこそコストですよね.

日経の記事
うんうんそうですよねえ.請求が面倒なんですよ,認められないんですよ,というのがチラホラ.

先生の場合は,自分が進歩する,という感覚よりも生徒が消費するもの,という感覚だろうから
学校を甘やかさないほうがいいんじゃないか,,という気がします.

自腹を切ると「評価up」ということであるのをチラつかせられてラットレースへgoになってないといいんですが.