debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

GitでTeX原稿を管理するようにした

まず,Mac上でUTF-8のTeX環境をつくる

このへんをみてTeXShopとptexをいれて,TeXShopの設定もこの通りにする

  • sudo port install pTeX +utf8 +motif
  • jbibtexを使うようにしないとはまるので注意.
  • texliveをインストールしているとptexがはいらない.(dirのcacheとかのゴミがのこりまくっているので手で消す)

UTF-8でTeXの環境を作るのは,git diffとかしたときに,SJISの原稿だとまともにdiffを表示してくれないのがむかついたせいです.

大元のgitの準備

fardm-2:~$ cd
cfardm-2:~$ mkdir .gitroot
cfardm-2:~$ cd .gitroot/
cfardm-2:~/.gitroot$ mkdir MyPaper.git
cfardm-2:~/.gitroot$ cd MyPaper.git/
cfardm-2:~/.gitroot/MyPaper.git$ git --bare init
Initialized empty Git repository in /Users/yaar/.gitroot/MyPaper.git/

普段の作業場所の準備

cd Documents/MyPaper
git init
cp -r もとあった原稿おいてるdir 2009hoge
git add 2009hoge
git remote add origin ~/.gitroot/MyPaper.git
git push origin master

もうひとつのマシンにcloneする

 git clone ssh://cfardm/Users/yaar/.gitroot/MyPaper.git

texをかけるdirに.gitignoreを追加. その中身はこんなかんじ.

*.aux
*.bbl
*.blg
*.dvi
*.log
*.pdf

普段つかうコマンドはこのあたりか.

  • git commit -m "hogehoge"
  • git commit -a -m "hogehoge"
  • git push origin master
  • git pull origin master
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中