debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2009/07/26

明日はプレゼン+質疑が110分ある日

明日は博士中間審査という,本審査の半年前にある諮問.プレゼンが50分+教授人による諮問が60分(非公開)の予定.本当は明日おわってから書いたほうがいいのかもしれないが,現在の心境を記録しておく.
(うまくいけば)あと半年なのが信じられない感じなので半年毎に思いだしてみる.

  • ちょうど3年前ころに(2006の夏)mlabにお邪魔して,おもしろそうだなーと思って,個人的にもやりたいことがあったので研究室に入った.それから入学までが一番よかったかもしれない.
  • D1の春.入学して半年ほどで研究以外に必要な授業はとった.ヤッコーの人の授業はおもしろかった.この時にとっておいてよかった.この時は木曜午後と金曜午前は大学の授業.
  • 入学して半年ほどたったときに,入学を後おししてくれた人が上司の上司ではなくなり,上司も上司でなくなった.つまり会社に大再編あり.金曜午前は大学の生活が続くのだが,この時はいってきた社会人Dの人はこの金曜午前の輪講がないコースなうえに授業が社会人的におもしろそうでうらやましくもある.
  • D2になった.上司が5年続く研究を考えろ,ということで何の研究をするのか,というproposalを書く日々.これが半年続く..途中2週間ほど学会と社内カンファレンス出席のために参加免除.昨年しこんでおいてよかった.しかし夏期休暇のあいだはシンガポールからメール対応の日々.
  • D2の秋.無事プロポーザルが通り,その研究開始.しかしちょうどリーマン破綻で暗雲たちこめる.11月の出張費用をなんとか10月にできないか,とか,出張の航空チケを24万から11万にJTBをつつきまくって値を下げさせたりした.そして北京出張の予定がキャンセルされる.
  • D3の春.秋にはじまったプロジェクトは5年続くテーマのはずだったのに,成果を出せ,ということになる.半年早くはじまった他の部署は1年目のテーマ査問で,すぐに金になるもの以外評価されないカタチに.いよいよ暗雲.
  • ちょうど8週間ほど前に,プロジェクトが終了させられることを告げられた,

自分は明日の諮問まではとにかくやることがあったので走ってきた.この日のためだけにボチボチやろうかと思っていたのだが,途中でいろいろあって仕事が2,3ふってきたりしたのでのんびりはできなかった,というのが本当のところだが.

本当はこの中間審査がおわったら,naist時代やiij時代にお世話になったitojunさんのように博士への道程を書こうと思っていたのだが,どうするかは今のところわからない.一番に見てほしかったのにそれは叶わないから.