debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2010/01/12

テレワークはどれほど普及しているのでしょうか.

2006年のアンケート テレワーク協会の資料.なんとテレワーク導入企業の29%はイントラネットへのアクセスができないというのを読んで,暗澹たる気持になる.今はどうでしょう.漏洩を怖れ,シンクライアントの導入費用を惜しみ,団塊退職でオフィススペースがあまりはじめていることもあり,何もかわっていない気がします.

kyoto protocolの問題があり,その解決法としてITCが! とうたわれているときがありました.実際それは重要だとは思います.実は4年ほど前は,総務省はテレワークを推進してCO2削減をマジで唱えていました.まあ2010には2割強がテレワーカだから,これだけ予算くれ,というものでした.実感としては,ほとんど普及したようには感じません.おかしいなあ,と思っていたら,総務省の2割というのは週1でやる人が2割になる.という話でした.なんだか..

とはいえ国の話はわりとどうでもよかったのですが,東京都がおそろしいことを言いだしました.

  • 東京都では2008年6月に「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例」を改正し,大規模事業所への「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」の導入を決定しました.
  • これにより,「2002年度から2007年度のうち任意の連続する三年間の平均排出量」を基準として,2010年度から2014年度の平均排出量を工場等においては6%,事務所等においては6%又は8%の削減義務を負うこととされています.

もっとも,まともな道としては,

しかし,これらは

ITSは社会基盤の整備が必要であるため一企業では導入できず,BEMS/HEMSは建物に手を加えるためこれもまた全ての企業で導入できるものではない

大問題ですよね.

東京みたいにICTが整っている場所は世界にありません.あるとすれば韓国くらい.ということは,テレワークが即効性があるということです.

  • テレワークにして,社員を会社にこさせなければバッチリ解決するではないかと.
  • いわば,社員へのCO2飛ばし!
  • おまけにオフィススペースも,ペーパーレスもすすんで二重にバッチリ!

その飛ばしをさせない技術を2年程前に完成させてデモをしていたのでした.しかし社会情勢は...かわりませんね.