debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

日別アーカイブ: 2010/05/01

スタバの道を行くか,二郎の道を行くか.

告白します.いままで私はラテとカプチーノとマキアートの違いをわかっていませんでした.
下にいろいろ書きますが,次回スタバに行くときは二郎風に「ダブルエスプレッソミルク追加ミルクフォーム多め追加!」という注文をしてみようと思います.

これを見てわかることは,スタバはカスタマイズで対応できるものに対して別の名前をつけているということ.
その一方で,スタバはカスタマイズを推奨している.
オンライン体験などというものまである(下の絵). これを見てわかることは,最初っからレベル高い.基本となるメニュー名がわかってないと最初から相手にしてくれない.

そこいくと二郎はすばらしいよ! まず,スタートのメニューは

  • 麺のサイズの違い「普通」「大」,
  • 豚肉の量を「小」「大」「大豚」「大ダブル」
  • デフォルトの脂が苦手な人は脂なし,あるいは少なめ.

を指定するだけでok.簡単でしょ.そして席についてゆっくり周りでもみながら,中身のカスタマイズを考える.カスタマイズ可能なのは,野菜,醤油だれ,にんにく,脂,唐辛子(ない店のほうが多い).そこに

「にんにく入れますか?」

という店員の促しがある.どうよ,この楽さ.スタバより断然楽といえよう.ただ二郎が問題なのは,そのカスタマイズを口にするとき,「ヤサイマシマシニンニクスクナメ」とかを超早口で言うのが当然という店員がたまにいることだろう.

スタバと二郎の差は「メニュー名を憶える必要があるかないか」という点に尽きる.メニュー名をおぼえて行くのが楽しい人もいるだろうけれどももうちょっと優しくなっていいんじゃないだろうかスタバは.とはいえスタバは他のシアトルスタイル?のコーヒー店にくらべれば数もあるのでまだ楽なのですが.

スタバに行きますか? 二郎に行きますか? 両方に行く人ももちろん沢山いるだろうけど,この両方で「俺はマジョリティだ」という人はめずらしいと思う.

スタバの初見殺しは二郎に通ずるものがあるよね という記事もあるので暇な人は見るといいと思うよ!