debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

福岡地下鉄のケータイ事情から考えてみる。

福岡空港から博多までの地下鉄はトンネル内でもバッチリ通話できた。大変便利だった。アジア都市として当然の機能を福岡は提供している。

元からうるさい電車の中でならどこでしゃべってもいいんじゃないか? と思っている。一方で、可能な限りの静けさを求める人がいるのも理解できるので、「静かな車両」というのをつくるべきではないだろうか。あるいは逆に「ケータイOK!」の車両を作ってもいいと思う。

医療機器に与える影響ウンヌンはほとんどFUDの領域になっているのでそういう機器を使っている人をダシにしてケータイ通話を排除するのはまちがっていると思う。

また、新幹線などでは通話はデッキで行うようにアナウンスされている。しかし仕事で乗る人が多い東名阪などでは、デッキに人があふれていることもしばしば見かける。そしてこれらの人は他人の電話には比較的寛容な人も多いだろう。せめて指定席、グリーン車、普通車にそれぞれ1車両程度はケータイ通話OKにしてほしい。

日本の鉄道は「システム」として捉えられていて、時間の正確性と構内の案内のわかりやすさは高く評価されている。しかし実際に日本の電車にいいイメージを持って来日をした人は、ひどいラッシュ、痴漢という犯罪があるのにカメラを設置しないまま、ケータイ通話もできない、地下鉄では電波がはいらないというマイナスもあわせて体感して帰国していく。

最近やっと地下鉄トンネル内での電波問題は解消する方向に動いているようだ。次にできることとして、ケータイ通話を自由にできるようにしてほしい。拒否する自由も担保した形で。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中