debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

飲食店はタバコ持ち込み代金をもらってもいいのではないか

竹橋の毎日新聞があるビルのスタバ.時間があるのでここでおしごと。。しかし超あつい。なんだこりゃ、というかんじ。ビールでも売りたいのかと思うほどだった。

売れる時はあると思うので考えていただきたいなあ。プロントのようになってしまうかもしれないけど、禁煙というだけでも意味ありまくりだと思う。(今日の私は仕事なのでムリですが。。)

ところで、なんでタバコってあんなに優遇されているんでしょうね。酒も食事も持ち込みできないし、持ち込み代金を貰う店もあるというのに、タバコは無料で持ち込みが可能なのはなぜなのでしょう。

結局、店同士の競争の結果そうなるものであって、法律や条例などで決められるものではないので、タバコを吸う人に気持のいい環境を提供することが意味があると判断して今に至っているとは思うのだけど。

となると妥当な線はどのくらいか考えてみる。

  • ワインの場合は一本500円から3000円くらいでもちこめる。
  • シガーバーの場合、一本150円くらいのモンテクリストが1200円になる(=8倍)

タバコはいま一本20円くらいなので、8倍になったら一本160円。店で吸うと5本吸うとして800円か?…

飲食店で「喫煙する方はxxx円増になります」「いただいたお金 は喫煙されない方のテーブルに横ながしされます」というルールをつくったとして、いくらだったらokだと思いますか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中