debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

CPUアーキテクチャを複数持つことにどれほどの意味があるのか

とある事情で10年以上借りてる柏のDCは当然クラウドサービスではない。なのでintelアーキテクチャ以外のマシンもいくらでおける、事実(私ではないが)置いている。
ARMでもIA64でもSparcでもいいけど、intelと違うエンディアンやアーキテクチャのマシンを防御の保険用に持っておくことの有用性は昔から言われていた。自分も昔そんな記事を書いた気もする。

しかし、侵入コードも別にアセンブラで書かれないといけないわけではない。コンパイルすると複数アーキテクチャ向けのコードが、ぱぱぱっと作られていくところを目にすると、どれほどの意味があるのだろうと思ってしまう。

広告

CPUアーキテクチャを複数持つことにどれほどの意味があるのか」への1件のフィードバック

  1. nanbuwks (@nanbuwks) 2012/01/31 9:30 am

    バッファオーバーランなんかの防御には有効じゃないんですかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中