debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

昇進してほしい人をどう英語で推薦するかに悩む

正確には昇進じゃないのかもしれないが、ポジション変更、あるいは給与upを昇進とする。そういう昇進してほしい人がいるとしましょう。その人のオーナーシップが突出してて、実際の行動もそうなのに、ポジションがともなっていないという。

英語を話すずっと偉い人に対して、「この人はこういう仕事っぷりだから」という話を伝えるのには正解はないのだろう。

以前HPlabではこの手のって楽で、何本論文やPatentを書いたから、どこそこと共同研究したウンヌンで終了していた。本当に楽だったといえる。でかい組織なこともあってそのあたりは明確だった。

今回はそうはいかない。テキトーにやってたら自分もやばくなる組織作りの問題だから。

まあそうやって悩んでいたが、実際その話をできる時間は電話で20分。そうなると、あっという間だった。はじめに説明を聞いて、その後でおまえコメントしろと促されて、必死に話すのみ。

どうなるんでしょうか。そしてどうすればよかったのか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中