debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

トンネル内でケータイがつかえることがあたりまえになってほしい。

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの4社は2011年12月22日、東急田園都市線「渋谷駅~二子玉川駅」区間で携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。同区間のトンネル内でも携帯電話の電波が届くようになり、データ通信など携帯電話サービスが利用可能になる

ということで、さっそく今日実感した。(昨日は混みすぎてて何もできなかった)

自分はほとんど電話で話をしないので、電車で通話をしないこと自体は静かでいいとは思う。しかし、電話くらいいいんじゃないの? というのが自分の感覚。

2、3分で次の駅に到着する電車はまだしも、長距離を走る電車、30分に一度しかない電車で電話を禁じたり、デッキに出ることを強要するのは、あまりに一方的すぎると思う。うるさい、という話なら走行音や、話声のほうがよほどうるさいこともあるし。

とはいっても、静かな空間が好きな人もわかるので、「一切しゃべらないように努力しなければならない車両」「通話してもOKな車両」を作ってもいいのではないだろうか。ヒースローエクスプレスのように。

とりあえず、NEXや、新幹線ではじめてほしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中