debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

WebsocketをELBで使うならTCPモードで。

websocketがにわかなブームから、力強い動きへと変化してきているように思う。

正直websocketを活用する人はよく分かっている人が多いので、具体的に質問を受けたことはないが、AWSのロードバランササービスであるELBを使ってwebsocketを負荷分散する場合には今のところHTTPモードではなく、TCPモードで使わなければならない。

ひとことでいえば、websocketはwebsocketであってHTTPではないから。HTTPでネゴシエーションをはじめるが、それが終わったらwebsocketに移行する。

とまあ、ここまで書いてておもったけど、protocolとしてのwebsocket、APIとしてwebsocket、実装としてのwebsocketなどなど人によって言っていることが違うことが多いので、自分も含めて人と話をはじめるときにもネゴが必要だなーと思ったのでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中