debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

DNStudyに参加。そのあとの懇親会にも参加。

読まなきゃいけないなあ、と思いつつもまったくコードもよんでなければインストールもしていないBIND10の話を聞き、識者にあうために、DNStudyに参加してきた。

ともかくBIND10はISCの主たる製品であるBINDとDHCPdのモダン実装をはかり、外部との連携もさらに意識していくものというのがよくわかった。

DNSは最初の壁であり、最後の砦にもなる仕組みなのでRoute53がどんなに使われようと消えることはないし、そもそもDNSをほげって何かしたい人は一定数いるので、これからも見ていくことにしよう。。

いつも多大な労力をかけているスタッフの皆様、会場貸してくれるニフティの皆様ありがとうございます!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中