debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

家のサーバにひさしぶりに火をいれたらDDR2だった

今の仕事になってから、すっかりサーバを家で使うことがなくなってしまったので半年ぶりに火をいれた。どんなスペックだったかもすっかり忘れてしまっていた。昨年9/18にmac miniをかったこともあって完全に過去の遺物になっていた。

それで実際つかってみると、rootのパスワードもわすれていたのでBIOSで確認したところ、Shuttleのv52というベアボーンAthlon II X4 Quad-Core 615eをのせてDDR2のメモリが2G 2本だった。とあるESXiのソフトを使うには8Gメモリがほしいところなので8GにしようとおもったがDDR2の4Gメモリというのはほとどんどでまわらない受注生産品らしく、DDR3にとっととのりかえるのが正解らしい。

さて、この箱を再利用すべきか。それともあっさり別にするか。実際のところクーラーをどうやってとりつけるかを考えると再利用は現実的ではない気がする。ここはなかったことにするか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中