debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

DynamoDBが東京リージョンで利用可能になった

ついにきた、もう来たというポジティブな反応を様々な方にいただき嬉しい限り。オフィシャルblog をみればだいたいのことはわかるのでまずそれを見るとして。

このDynamoDBをちゃらっと試すのにJavaを使っていたのだが、rubyでそういや使ってなかったことに気がついたので調べてみた。

DynamoDBはクエリを前提にしているようなコード書きとはかけはなれすぎているので、SQL路線できた方が、実際使う方はあんまりいないかなあ、と個人的には思っている。

セッション情報をDynamoDBにつっこむようなミドルウェアがはやらないとね。memcacheでやる人は沢山いるので、そのへんのライブラリを書きかえればいいのか。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中