debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

Route53のlatency based routingの利用

Multi-Region Latency Based Routing (http://goo.gl/wkkra ) という機能がAWSのDNSサービスであるRoute53から発表されました。

そもそも、cdn.debian.netの全体図はこんな具合。cdn.debian.netの再実装開始という記事

dns_balanceが動作しているホスト(当然DNSサーバが動いている)に対して、どうやって早く接続するのか、という問題がある。

今回発表された、Multi-Region Latency Based Routing で、日米欧で動作させているdns_balanceに対してエンドユーザ(の使っているDNSキャッシュサーバ)を誘導するようになりました。

これまでは、日本のユーザでも一定の割合でヨーロッパのDNSサーバを参照する場合があった(キャッシュサーバの実装次第)のが、なくなり、300から500msecほど(平均ではその1/3)解決までの時間が短かくなったはずです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中