debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

月別アーカイブ: 4月 2012

休日の会社でのすごしかた

今日は会社にいってきた。行った理由は

  • 仕事でサーバが必要、
  • そのサーバは普段激混の通勤電車では運びたくない、
  • 普段いそがしくでてきない時間のかかることをやりたい。

というものだった。結局サーバ二台を93Lの大型キャリーパックにつめて行くことに。

余りの重さにどこにも寄り道もしたくない行きがけ、さらに帰りもこのデカパックをもっていると思うとどこにもよりたくなかった。したがって、どこにも寄らずの往復だった。

機動力があればとっとと実行にうつしていたことは間違いないので、原動機を持たない自分の行動力の低下っぷりはひどいな。

いい結果は出せなかったのだが。休日には普段できないことをやる、という意味では大変充実していた。

広告

中国人の気質はスクラムにまで到達できるのか

日経ITProの記事

ただ、自身の経験から、どうすると中国人と上手くいかなくなるか、中国人の部下を怒らせてしまうか、ということについては十分に経験している。それをあらかじめ知っているだけでも、ずいぶんと結果は違うのではないかと思う。

場面1:みんなの前で叱って「面子をつぶすこと」

場面2:そんなこと常識だろうと「自分で考えさせる」

このあと3つほどさらに続くのだが、たしかにそれはそうだ、と思うことばかり。

概ね納得のいくことばかりなのだが、個人的な疑問が残る。

Scrumなどのアジャイル開発手法は面子重要な中国人グループの場合でも機能するのかどうかというのを知りたい。

スクラムでは「叱る」ものではない、あるいは「叱る」ネタを出すためのものではない、というものがちゃんと浸透するまでに時間がかかりそうな気がする。

なに言ってんだよ、という人には、http://www.aoky.net/articles/steve_yegge/good_agile_bad_agile.htm (いいアジャイルと悪いアジャイル Steve Yegge / 青木靖 訳) を一読してほしい。

「名前だけ」で湧いてくるイメージで大学をかんがえてみる。

我が母校である、奈良先端科学技術大学院大学は古いんだか新しいんだかわからない名前。大学は名前じゃないのはだれでも知っているあたりまえの事だが、実際には「名前が知られているかどうか」はそれなりに重要だったりする。

そこで、「名前だけ」で湧いてくるイメージで大学をかんがえてみる。

  • 日本で一番古そうな名前のついた大学はどこか。。時代名がついてるところだな。奈良大学? 平安、室町、江戸大学はないな。明治、大正、昭和大学と続くのか。そういや慶應義塾大学は英語だと「義塾」がとれてKeio Universityだったりするな。
  • 先端イメージがないのは「中央大学」まんなかだもんね。
  • 電気通信大学は国立最古の地名なし大学なので、未来永劫続いてほしい。
  • 「くにたち」がつく大学。なんか混乱するのでどうにかしていただきたい。
  • 「大学院大学」20年たっても浸透してないので、いいかげんやめたらどうかと。。親戚にも「学院」大学とおもわれ続けてます。

東北大学は略称がなくてなんだなー、と思ったものでした。奈良先端科学技術大学院大学は、SFCの人には「ならせん」といわれ、「ないすと」とはよばれなかった記憶。

ANAが7月25日から成田シアトル便を飛ばすらしい

【国際線 航空券】7月25日より、ANA 成田⇔シアトル線 新規就航!

というメールがANAからやってきた。しかも最初は777新シートで、787になるという。

なんだかんだいっても昨年3回シアトルに出張していて、UA, UA, Delta とのっているが、可能ならANAにしたいのでありました。

西公園の桜

昨日いった仙台西公園の桜。平日の昼間なのでかなりまったりした空気。

仙台に住んでいたのに花見で西公園っていったことがないことに気がついた。はじめて行きました。何もくってないし何ものんでないのでちょっと見ただけだけど。

もうちょっと仙台にいたときもいろいろ行ってみればよかったなあ、と思いつつ、しょうがないね。

JAWS仙台でキューイングとストリーミングの話をした

SlideShareにうpした。昨日発表した新ネタです。メディア配信をネタにキューイングのCDPを2つ使いました。 そしてファイル配信からストリームにかえるパターンに名前をつけるんだった。

この発表のキモは

  • キューイングをつかってffmpegの利用を最適化しよう
  • 重みづけキューイングをつかうと優先会員なんかもつくれる
  • ファイル全体をdownloadさせると金ばっかりかかるダウンロード厨が避けられなくなるので、ストリームも活用しましょう

それにしても仙台の復興需要はすごい。ホテルはとれなかったので急ぎでかえることになった。

そうなれば夕飯を駅弁にしようかとおもったが、仙台なのに駅弁が全滅! この駅弁激戦駅なのに、おかししか食っとらん状態でのりこみ。。せつないねえ。

au_WIFIをはじめてMBAで使ってみた。

au_WIFIをここのところMBAで使っている。けっこういいかんじ。

しかし、いいかんじと言うには条件がもちろんある。

  • MBAの画面でいうところのアンテナ最強の状態じゃないといかん
  • 移動途中じゃだめ

リムジンバスの中や、カフェの類いがちょうどいいんだろうな。

The 10 Biggest Mistakes Made With Amazon Web Servicesについて

The 10 Biggest Mistakes Made With Amazon Web Servicesという記事について、こんなやりとりをした。

ミスリードというのは言いすぎだった。「RightScale, enStratus, Scalr, Scalextremeをうまく使うのと、DevOpsを学ぶ」こと自体は大賛成。

しかしながら、この10個のミステイクのうち、いくつかはこういう便利ツールやDevOpsの考えを導入すればokとはならない。その意味で「銀の弾丸ではない」という意味でした。

解決できそうなものは1-9までのこれ。これらは実にもっともなこと。そしてすぐに実現できる。しかし「導入するかどうか」の判断はずっとつきまとう。

「面倒だから」「やりかたがわからないから」という壁をおおはばに低くする意味でツールを導入する意味はある。

  • Picking oversized instances.
  • Picking oversized instances.
  • Failing to make the right trade-offs when selecting instance types.
  • Leaving instances running idle. 
  • Forgetting to clean up stale resources. 
  • Taking too few or no EBS Snapshots.
  • Taking too many EBS volume snapshots.
  • Forgetting to release allocated Elastic IPs. 
  • Failing to proper configure security groups. 

そしてこれらのツールでむずかしいのはもしかしたら、最後の

  • Not taking advantage of multiple Availability Zones.  

これだろうか。やはりお金もかかるし。

帰国した!

帰国の楽しみといえば機内食。まあエコノミーなんでこんなもんですが、US行きでUS系航空会社つかわないですんだのは、なんたるラッキー.

初BAラウンジ

NYから帰国はANAで、JFKのターミナル7から。
タクシーのオッチャンが超飛ばし屋だった。。

おかげで搭乗3時間前の10分前にカウンターについてしまって10分待つことに。インターネットチェックインをしていたのは自分だけのようで、他の列がすでに長蛇なのに、先頭だった。

BAのラウンジには、おむすびも置かれているが、出されるとあっという間に消えてなくなっていた。電源は全ての席にはないというか、一部の壁きわの席にしかないので注意。

BAラウンジ@JFK 4/22