debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

Windows OSのTCP window controlの話

Windowsでネットワークパフォーマンスがでない話はびっくりするほどよく聞く。
そこで一読をおすすめするページが2つ。

WindowsXP FAQ

Windows XP の TCP 機能についてご説明します。 TCP ウィンドウ サイズ 現在サポートされている TCP オプション ウィンドウ スケーリング – RFC 1323 タイムスタンプ – RFC 1323 重複シーケンス番号に対する保護 (PAWS) SACKS (Selective Acknowledgments) – RFC 2018 TCP の再転送動作と高速再転 この資料では、各機能の概要と、レジストリ内でこれらの機能を変更する方法について説明します。

The Cable Guy: TCP 受信ウィンドウ自動チューニング

TCP 接続を用いたスループットはアプリケーションの送受信、TCP の実装の送受信、および TCP ピア間の伝送パスにより制限される場合があります。このコラムでは、TCP 受信ウィンドウ、TCP 受信ウィンドウが TCP スループットに及ぼす影響、TCP ウィンドウ スケーリングの使用法、および受信データに対して TCP スループットを最適化する Windows Vista™ の新しい受信ウィンドウ自動チューニング機能について説明します。

この2つを読んで、実際にためしたくなったら、次のpageがおすすめ。

SWITCH – For universities – Network & Internet – University Network – Tools – Throughput Calculator (TCP)

TCP window controlが肝な話でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中