debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

「同時通訳」と「逐次通訳」は違うもの

なんかこう、同時通訳がどんなものか混同している人が多いので書いておく。

「同時通訳」と「逐次通訳」は違うもので、昔話したことのある通訳さんが混同するな! といっていたので書いておく。

逐次通訳 – Google 検索

逐次通訳 (consecutive interpreting) に移動‎: 話者の話を数十秒~数分ごとに区切って、順次通訳していく方式であり、一般に通訳技術の基礎とされる。話者が話している途中、通訳者は通常記憶を保持するためにノートを取り、話が完了してから通訳

よくわかる「通訳の仕事」:スペースアルク

同時通訳と逐次通訳の2種類の方法がある会議通訳  会議通訳の方法には「同時通訳(同通)」と「逐次通訳」と呼ばれる2種類がある。同通はスピーカーの発言を聞きながら同時進行で訳していくもので、多人数が参加し、長時間・長期間にわたる会議はほとんどがこの方式だ。スピーカーは通常のペースで話すため、両言語に対する即時的な理解力と表現力に加え、瞬発力、集中力も要求される。特に日本語と英語のように、文法構造が大きく異なる言語間の同通をこなせるようになるには特殊な訓練が必要となる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中