debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

リスク折込のコスト

世の中は再現できないことで満ちている。不測の事態も満ちている。

繰り返さないことにどれほどの手間をかけるかはなんとも言えないが、一度でも見たような物事は退治しなければ気が済まない人もいる。

根本的な解決策が受け入れられない場合もあるし、対応コストがとんでもなく高くなる場合もあるし、バグ再現が破壊的に行われてしまうこともあるだろう。

そんなときに殿のような人が出てきたのリスクを盛り込んでお金をいただいておくか、その時に請求できるようにしておくか、どちらがいいのだろうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中