debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

GPLは数あるライセンスのうちもっとも使われているものなのになんで蔑ろになるのか

法律家と深く話をしたことがないので、ぜひ聞いてみたいことがある。というのも、

GPLはあらゆるライセンスのうちでも最も言及され、衆人の目にさらされ、生き延びてきたライセンスなので「わからない」というのはプロたる法律家がわからないというのはありえないと思う。

そこで、聞きたいことは以下二点。。

  • 法律家は「GPLをわかる」と口にしてしまうと訴訟時に不利になるから、「わからない」と口にしているのかどうか
  • 「わかる」ライセンスと「わからない」ライセンスや契約文書の差異はどこにあるのか。

そのうち聞けることもあるかもしれないので、メモにして記録しておく。

ところで、奥野くんとこんなやりとりくらいでしかやり取りをしていない。15年前に研究室にいたときはこんなやりとりをした覚えがないで人の間というのはおもしろいものです。。

広告

GPLは数あるライセンスのうちもっとも使われているものなのになんで蔑ろになるのか」への2件のフィードバック

  1. Kaz 2012/11/06 1:56 pm

    単にその法律家が長い英文を読めない(もしくは読めるけどそれを日本の法制度でどう解釈すれば良いかわからない)だけという可能性

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中