debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

クラウド種別と食の産業分類

こんなことを書いたらクラウドって何?な人に、説明を求められた。本来の定義は置いておいて。

  • 外食
    • ユーザ:メニューの中から選ぶ。選択肢を広げるためには、好きなものを食べに出向かねばならない。
    • 事業者:小さな規模から大きな規模まで存在している。チェーン展開している大規模な店になればより安く均一なものが提供するためのインフラを整える。インフラは自社整備するところから、専門の業者が存在する。中食から仕入れて最後の飾りと給仕だけを事実上行なっている場合もある。
    • SaaSとして提供されているサービスは小規模から大規模まで無数にある。しかし個々のカスタマイズはできない。お客様は使い方を学ぶ。
  • 中食
    • ユーザ:メニューは外食より少ない。選択肢を広げるためには調理されたものの組み合わせや、概ね出来上がったものに手を入れる。そしてそのノウハウは割と流通している(Amazon: コンビニ食材即効アレンジ中食レシピ200 なんてのもある)が、ノウハウは多くない。外食よりお手軽な値段。
    • 事業者:一般的には外食よりもそのレパートリーは少なく、絞り込んだアイテムを提供する。街の惣菜屋のようなものから、冷凍食品まで規模は様々。
    • PaaSとして提供されているサービスはかなり少ない。言語プラットフォームとして提供される場合が多く、お客様は自分のサービスを作るために使う。
  • スーパー
    • ユーザ:好きな材料を選んで調理する。選択肢は広い。料理本ランキングが出来る程に一般的で、本にのってる材料がひと通り揃う。値段も安い。
    • 事業者:大量多品目を安価で供給するために同じ仕組で多品目を同じように扱う。大規模化、寡占化がすすんでいる。
    • IaaSではユーザはそこにあるサーバやネットワークでサービスをほぼ自分でつくる。プログラマにとっては、それだけあれば何でも作れると思っている。大規模化がすすんでいるものの、サービス作成をが必要なく、仕組みを供給する会社があるため、供給力の背景があると参入しやすい。
  • 材料調達を頑張る
    • ユーザ:自由な食材をどこからでも調達して作って食べることになる。選択肢は無限ともいえる。山海の幸、地場の恵み、世界のレア食材など扱ってる店を活用すれば夢が広がる。
    • 事業者:ニッチなニーズに答えられる場所にのみ存在できる。場合によっては料理人が出張することもある。
    • オンプレミスでは、お金と時間があれば、どんなサーバでもネットワークでも、人でも調達し、夢のあるシステムを構築することができる。

という具合だろうか。説明していくとピタっとははまらないなーという当たり前のことが明らかになるなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中