debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

田名部さんインタビュー:「クラウドな働き方」 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

田名部さんはクラウド移住を実現したエンジニアということで(一部で)有名です。しかも家族全員で!それの影にはAWSがありました。このインタビューの直後にあるTrack.Dで話す内容にかぶらない話になるべく限定して、お時間いただきました(Youtube)。

JAWSにも第一回から参加していて、そこでSQS話もされました。

田名部さんを象徴する「マニアック」な素晴らしいAWS活用法だとおもっていましたので、今回はここに焦点をあてて聞いてみました。

  • 7年前はキューも自分でつくっていた。
  • AWSに移行したときにSQSを使うことにした。SQSがなくてもAWSを使うことはまちがいなかった。
  • SQSにJobをつんだまま、EC2を落とすようなことはない。
  • 先週SQSからSWFを使うようにリニューアルして、昨日も作業をしていた。→次回の札幌で詳細発表予定!
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中