debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

後藤さんインタビュー:「後藤さん荒木に語らせる」 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

AWS界最強最長のイケメンエバンジェリスト後藤さん大いに語るということで、語っていただくはずでした。。Youtubeはこちら

ところが後藤さん、なにやら私に2つ聞きたいことがあるということで。。「後藤さん荒木大いに語らせられる」となりました。

AWSに荒木はなんではいったんでしたっけ?

クラウドを研究というかAmazonに勝てると思ってたころが俺にもありました。。

それは今思えばAWSがスポットインスタンスとほぼ同じアイディアで、違うのはインスタンスの提供元が巨大IT企業である私のいた会社のデスクトップも含んでいたこと。

そのアイディアをとある通信会社の企画の人にもプレゼンして「我が社はここが違う」みたいなのをドヤ顔でやった翌月にAWSがスポットインスタンスを発表、サービス開始した。

正直いってその時いらい勝てる気がしないなりに生きていけるところを探していたのだがパトロンたる勤務先にはしごを外されたこと二度。縁あってAWSに入社したのでありました。

次の質問は今AWS首になったらどこにいきますか?でした

今ならば、間違いなくAWSを活用して仕事できるところにいきたいと思います。でもAWSを使うことを禁じられての首だったら辛いでしょうね。。。

最後にcloudpackへの注文を求められました。

cloudpackさんは私からみると、どんな仕事をしてくれるかわかるSIなので大きすぎるSIとはちがって、どんな人がどんなスキルセットをもって仕事をしているか知っている安心があります。大きなSIでも中の人と中の人のスキルセットを十分に共有できればAWSというベンダにとってはありがたい存在になります。

cloudpackさんには(今のような)顔の見えるSIのまま成長していっていただきたいです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中