debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

得上さんインタビュー :EC2よWorkerへ還れあるいは天才のアウトプットについて [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

現JAWS-UG会長の得上さんにもお話いただけました。Youtubeはこちら

得上さんは、今回のJAWS DaysはAWSが力を入れすぎたんじゃないか、という問題提起をされました。これに関してはAWSとしても反省するところは多いのですが、いずれもっともっとJAWSが大きく強くなればAWSなしで開催できるだろうという意思を感じるお話をいただきました。

つづいて、EC2よworkerに還れ、ということで得上さんは、Beanstalkなどの便利サービスからAWSから出ている現状で「EC2でやらないといけないことはなんですか?」という質問を会場になげかけました。会場からはDirectory Serviceを提供してほしい、IAMと連動してほしいという声をいただきました。

得上さんといえば楽しいLTでも有名ですが、ほとんどはパッと思いついて、思いついた時には普段から勉強していることをバックに完成しているそうです。得上さんは風呂敷がたたまれた完成された状態が頭にできてからアウトプットしているそうです!すごいですね。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中