debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

バンタンアカデミーのみなさんインタビュー:AWSを教育の題材にしたお話 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

バンタンアカデミーの皆様にもお越しいただきました。Youtubeはこちら

バンタンアカデミーからは、(講師の)得上さん、山下さん、そして実際に授業に参加した4人の合計6人をお迎えしました。

皆さんは「ごきげんよう – クラウドエンジニアの種を捲く -」というトラックの発表(松森さんによるレポート)のあと、本インタビューにお越しいただきました。AWSを使えば半年くらいでもここまでいける、と言った内容になっていますので、ぜひスライドとレポートをご覧ください。個人的な印象としては、学生がAWSを学ばない理由はないと思いました。

先ず山下さんからは、将来を見据えるとAWSは外せないと判断し、得上さんを講師に迎えたという紹介をいただきました。1年近く授業されたそうです。

そこで、質問をしてみました。

Q.何がおもしろかったのか?

最初はレンサバを個人でつかっていた。

AWSの存在は授業で知りました。スケール対応はじめ、なぜAWSなのかというのを学び、便利さを知りました。

クックパッドはどんなアーキテクチャなのかという授業をしり、AWSを使えばすぐに自分でも試せるところがワクワクしました。

Q.学生さんをみていて「変わった」と思ったところはどこですか

プレゼンテーションから何から、立派になったという印象です。

Q.上級のコースをつくるようなことはあるでしょうか?

1年間というのは適当だと思っています。上級コースの機会よりも、実践や実際のサービスへ仕事して関わっていきたいと思っています。

Q.再度勉強する場として門をたたくことはあるでしょうか?

また新しい技術がでてきて、学ぶことがでてきたらそういうこともあると思います。

Q.最後に宣伝でもなんでも!

業界の方に講師をして頂ける方を募集しているとのことでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中