debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

月別アーカイブ: 4月 2013

meganeさんインタビュー: わからないなりにもAWSは調べれば使えるという話 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

分からないなりに http://aws.me-g-n.me/ というサービスをSESなどをつかって作ってみたプレゼンを1日目にやっていただきました。それを受けてのお話でした(youtube)

分からないなりに調べるときには、githubが非常に役に立つようです。AWSのSDKを見るだけではわからないところが実際の利用例としてgithubには多数のコードが存在しています。

英語が読めないなりに、CloudpackServerworksクラスメソッドのBlogは大変に役に立つということで大きくもりあがりました。同感です!

Google Glassが近い将来でたら、GeoLocationが重要になると思っている。そのときにうまくアプリが作れる基盤をAWSが提供できるようになってほしい、という注文でインタビューは終了しました。

そのときはぜひまたアプリ作成LT、おねがいします。

ログ解析で楽をする話 #qpstudy でしてきました。

ログ解析というのはインフラエンジニアの基礎の基礎です。アプリケーションが定まればそれなりのログ解析ツールは存在します。Debianのstableですら数十のツールがあります。

とはいえ、実際のログというのは往々にしてアプリケーション毎に全然ちがっているのでツールは役に立ちません。結果としてgrepを駆使したり、はたまたRDBに突っ込んだりして試行錯誤することになります。

見事に解析できたとしても、それを可視化することを考えると楽できることを考えておきたいわけです。

そこで役に立つのはログ解析SaaS.Sumologic, SplunkStorm, Logglyなどけっこうありますが、qpstudyではSumoLogicを紹介してみました。GUIでログを横断的に絞り込めますし、その処理構文はいつでも繰り返すことのできるすぐれものです。

無料で使えるサイズでかなりのことができますので、ちょっと試してみる価値はあるものです。

ところで、、SaaSよりもインストールして使いたい方には、Splunkおすすめです!

安藤さんインタビュー:Publicフレームワーク最強を目指すEngineYard [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

Engine Yardで活躍中の安藤さんには1日目のLTの内容をうけて、インタビューさせていただきました。Youtubeはこちら。

EngineYardのマスコットであるパンダはもともとは、The Polite Agent of Non-Destructive Assimilation (PANDA) の略だそうですが、形骸化しているそう。

  • EngineYardがAWSを選んでいるのは、AWSのリージョン展開や安定性ゆえだそうです。しかしその一方で、Engine Yardはエンドユーザがそれに気が付かないような形で提供したいとかんがえている。
  • 社内にAWSのスペシャリストを置けないような組織であれば、AWSのサービスを単発で使うような細かな案件が沢山ある会社や、2,3人でガンガンスケールさせたい組織にはEngine Yardは向いている。

Publicなフレームワークとして最強を目指すEngine Yardに期待ができるお話でした。

竹下さんインタビュー:JAWS-UG初日の秘話、そして運用の秘訣について [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

JAWS−UG初代会長の竹下さんのお話。(Youtubeはこちら

JAWS-UGの秘めざる初日のお話。2009年の12月25日によくもまあ素性の違った男どもが集まったものだ!という話からはじまりました。最初はダレにも聞けない状況からはじまったJAWS-UGは、突破できるエッジな人が軽くヒントを与えてAWSを使う方法を広める場として設計したそうです。

JAWS-UGはLTがかなりの名物ですが、それについてもお話いただけました。LTを始めとするアウトプット志向であれば、トッププレイヤーの話を聞いても実感がわかない人が多いところや、つまったところや感動したところを共有することで、みんながメインプレイヤーになります。それが全体の底上げになり、それがうまく機能しているそうです。

最後にコミュニティの運用の仕方についてもお話いただきました。JAWS-UGはうまく行きすぎたことは、みんなが思っている不満にバッチリ刺さったテーマだったことという理由はあったももの、どんなテーマであってもとにかく続けて発信しつづけること、場所にとらわれずに情報を伝えるコミュニティであり続けることだそうです。

もう一度JAWS-UGみたいな会を作ることがあれば、また挑戦してくれるそうです!

後藤さんインタビュー:「後藤さん荒木に語らせる」 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

AWS界最強最長のイケメンエバンジェリスト後藤さん大いに語るということで、語っていただくはずでした。。Youtubeはこちら

ところが後藤さん、なにやら私に2つ聞きたいことがあるということで。。「後藤さん荒木大いに語らせられる」となりました。

AWSに荒木はなんではいったんでしたっけ?

クラウドを研究というかAmazonに勝てると思ってたころが俺にもありました。。

それは今思えばAWSがスポットインスタンスとほぼ同じアイディアで、違うのはインスタンスの提供元が巨大IT企業である私のいた会社のデスクトップも含んでいたこと。

そのアイディアをとある通信会社の企画の人にもプレゼンして「我が社はここが違う」みたいなのをドヤ顔でやった翌月にAWSがスポットインスタンスを発表、サービス開始した。

正直いってその時いらい勝てる気がしないなりに生きていけるところを探していたのだがパトロンたる勤務先にはしごを外されたこと二度。縁あってAWSに入社したのでありました。

次の質問は今AWS首になったらどこにいきますか?でした

今ならば、間違いなくAWSを活用して仕事できるところにいきたいと思います。でもAWSを使うことを禁じられての首だったら辛いでしょうね。。。

最後にcloudpackへの注文を求められました。

cloudpackさんは私からみると、どんな仕事をしてくれるかわかるSIなので大きすぎるSIとはちがって、どんな人がどんなスキルセットをもって仕事をしているか知っている安心があります。大きなSIでも中の人と中の人のスキルセットを十分に共有できればAWSというベンダにとってはありがたい存在になります。

cloudpackさんには(今のような)顔の見えるSIのまま成長していっていただきたいです。

インフラエンジニアのキャリアとして大手ベンダーから始めるのも悪くない

私は、AWSで提供しているサービスは間違いなくインフラの中核技術であること、今後もAWSはインフラの中核技術を出し続けるであろうことを確信しています。AWSというのを「クラウド事業者」「大規模事業者」などなどに置き換えてもいいでしょう。しかし、それらの今うまくいっているプレイヤーに「乗っかる」戦略もそんなに悪いものではないと思っています。

Open database life: インフラエンジニアのキャリアとクラウドについて

ではこれからLinuxなりMySQLなりのスペシャリストになりたいという人(新卒/中途問わず)はどういう会社を目指すのが良いのでしょうか。私は本家ベンダー(RedHatなりOracleなり)や大手サービス事業者(FacebookなりDeNAなり)が良いと思っていますが、一点「クラウド上で主力サービスを展開している事業者」はやめた方が良いと考えています。

Linuxなり、MySQLなりという点では松信さんの見解に同意します。一方で、そんな今の主流だけを見ているのでは技術に使われるエンジニアのままじゃないかとも思っています。

「クラウド上で」というところがポイントになっていて、最後のセンテンスにあるように「それを目指すなら、Amazonに行くのが一番手っ取り早い」と書かれるのもよくわかります。

一方で、技術はLinuxやMySQLなりだけではないこともまた事実です。AWSはハード・ソフトの面でインフラ技術を磨ける場所であることはまちがいありません。しかし、AWSは万人に使われる中核サービスのための組織です。

こういってはなんですが、ニッチな中で磨かれる技術もあります。むしろ、大多数の技術は黎明期にはニッチでしょう。それがいつのまにか追いつき追い越される日常の業界なので、現時点での広く要求される技術にすぎないかもしれないこともまた、忘れてはならない視点だと思っています。持てる資源には限りがありますし、AWSにない領域に集中させるために、クラウド上のサービスを使うのも必要な戦略です。この集中というのが曲者で、インフラ技術者としてワクワクするような領域への集中なのかどうかが鍵だとは思います。

一個人のキャリアという点では、そこの見極めをどう「入社前に行うか」が難しく、時間という個人の最大の資源を消費しているのですが、その目が全く育っていない新卒ならば、本家の大手ベンダーからキャリアをはじめてみるのも悪くない選択だと思います。

田名部さんインタビュー:「クラウドな働き方」 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

田名部さんはクラウド移住を実現したエンジニアということで(一部で)有名です。しかも家族全員で!それの影にはAWSがありました。このインタビューの直後にあるTrack.Dで話す内容にかぶらない話になるべく限定して、お時間いただきました(Youtube)。

JAWSにも第一回から参加していて、そこでSQS話もされました。

田名部さんを象徴する「マニアック」な素晴らしいAWS活用法だとおもっていましたので、今回はここに焦点をあてて聞いてみました。

  • 7年前はキューも自分でつくっていた。
  • AWSに移行したときにSQSを使うことにした。SQSがなくてもAWSを使うことはまちがいなかった。
  • SQSにJobをつんだまま、EC2を落とすようなことはない。
  • 先週SQSからSWFを使うようにリニューアルして、昨日も作業をしていた。→次回の札幌で詳細発表予定!

高橋さんインタビュー:SNS+SQS+Nodeで簡単にユーザーサポートシステム [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

SNS+SQS+Nodeで簡単にユーザーサポートシステムができた(Youtube)という話で昨日のLTで語っていただいた内容を補足していただきました。

SNSの使いこなしとして素晴らしい事例です!お話しいただきありがとうございます!

高橋さんのシステムはSNSとSQSをヘビーに使っていて、最初はループさせまくるシステムで月間5000万コールもしてしまったそうです。とはいえ、28ドル程ですが。。ロングポーリングの効果がでるのは今月末の請求書でだそうです。

中田さんインタビュー:AWSとソーシャルゲーム黎明期からのお話 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

中田さんはソーシャルゲーム黎明期からAWSを使ったサービス提供をされていたので、私からお願いをして「AWSとソーシャルゲーム黎明期からのお話」をしていただきました。好きなサービスはCloudFormationで、JAWS-UG横浜でも積極的な活動をされています。Youtubeはこちら

ところで、中田さんは、2010年に小島さんがJeff Barをつれてきて、「実はJAWS-UGがあるんだよ」という具合でJAWS-UGを紹介されたそうです。個人的には全く同じ光景が目に浮かびます。

資料が素晴らしすぎます!特に、2009年にはCDPの多くは実はTipsとして使われはじめていたというのはいいお話でした。
2013年はどうなるのかというという話から、OpsWorksへの期待を語って頂きました。
最後に、中国、韓国、インドやアフリカでの展開の期待と疑問をいただきました。

小室さんインタビュー:爆速ホスティング [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

サーバーワークス福岡オフィスの小室さんはなんと紙芝居での参戦です。(Youtubeはこちら

エイプリルフールスターターパック」の宣伝。4月1日にくるピークを回避するお話です。

そして、そのネタを支えるデザイナーさんはFTPならば使える!それならば「爆速ホスティング」

CloudFrontの良さはキャッシュヒット率の高さです。どうかすると95%キャッシュされ、オリジントラフィックを劇的にさげることができます。その後、S3やCloudFrontを有効活用する話をしました。

個人的にはこれの事例をバンバン出してほしいです。