debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

喫煙対応レストランにはJTからお金だしたら?

レストランにおいて、喫煙者は優遇されている。タバコの持ち込み代かからないことが先ずものすごい既得権益だと思う。

過去にはタバコは成功者であり、金を消費するアイコンとして機能していたんだと思う。その流れで現在でも喫煙者に便宜をはかる店が多いんだと思う。それはいい。

しかし、タバコを吸わない人がもはや主流であることを考えると喫煙しない人の財布から所得移転しているように思えるのがいただけない。

そこで、こんな対応できないだろうか。

  • 喫煙する人からキッチリお金をとる。タバコの持ち込み代をもらうか、タバコを堂々と売る。
  • 喫煙対応している店には、JTから店舗改装費用を支出させる。JT推奨の店として、ミシュランガイドみたいなのを作る。

タバコを吸える自由のないような国には住みたくないので、法律で禁止するようなことはあって欲しくないが、その自由を維持するためにほかの客や、店側に一方的に責任を添加するのには賛成できない。

via http://arakinotes.blogspot.com/2013/11/jt.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中