debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

カテゴリーアーカイブ: holiday

チャンギ空港ターミナル3

チャンギエアポートのT3は初体験.

  • T3はさすがにできたばかりだけあって綺麗

    DSCF3461

  • F1が月末にあるのであちこちで盛りあげている.

    F-1 Singapore PR

    F-1 Singapore PR

  • 広い,開放感あふれてる.T1,T2ではふきぬけがなかったけど,3F 4Fまでの吹きぬけがある.

    DSCF3469

  • そしてT1,T2の弱点であるメシを食うところがイマイチなのがかなり解消されていた.メシに関しては香港新空港がかなりすごいのだが,あそこまではいかないけどその半分くらいはT3の2Fにできていた.

    DSCF3487

  • むしろその広さとほぼ同じクリスラウンジがある.
  • 無料の映画館の前にも行ってみた.オシャレだ.

    changi movie theatre

  • コンビニは7じゃない店がある.ここはおみやげ物にできそうなものはタイガーバームくらいしかないのでおすすめしない.というか自分はT2の7に行った.


ナローバンドでこまる

仕事のメールをわらわら処理.主に来週の予定を整理するため.
しかしながらメールがぜんぜん出ていかない.ナローバンドゆえか,検閲ゆえか.

アーチェリーしまくり

一日で3度やる.というか30分x3なかんじ.おもしろいので日本に帰ってもやってみたいがやるとこあるんだろうか.

あいた時間はMonetDBをよむ..

泳ぎまくりというか本よみまくり

朝おきて,たまっていた論文とかは昨日までには読んでしまっていた & 妻はどうにも体調がわるいようで寝ているので今日は本よみつつ,海,プール,ボートシュノーケル,プールをいききしていた.

サイモン・シンの「フェルマーの最終定理」を読む.暗号解読もおもしろかったけど,あれよりはさらにおもしろい..というか,読みおわったあとの達成感といい,ひとつの数学史を見た思いといい,なんともいえないものがある.圧倒的な構成力と調査などを感じさせるすばらしい本.

とてもいい本だとは思うけど,以下の人にはおすすめできない..

  • いままさに数学以外の論文で詰まっている人
  • 数学を心の底から嫌っている人,あるいは数学への思いをむりやり(親や教師に)捨てられてしまった人

最初のは,数学以外のように,観察に基づく仮説,検証の限界が見事に誰にでもわかりやすく書いてあるので,もうだめだー,とか思ってしまう危険性があるから.
ふたつ目は,数学への思いを通してすばらしい業績を上げた人々が何人もでてきて,しかもそれが見事にフェルマーの最終定理にまでつながっていること.

そういえば金田先生の名前ものっていた.数学者以外で本書に出てくる人物は金田先生,そしてそのライバルの計算機でπを求めつづけている人くらいなのでした.

アーチェリーとバドミントン

アーチェリーをやった.アーチェリー初体験.なかなかおもしろい.あたりまえだがだん上手になるのでもっとやってみたい.
6本目以降は的にずっとあたっていたし,7本目では中心にもあたったし.しかしながら12本か15本うったところで雨のため中止.実に残念だ..また機会をみつけてやりたい.

夕方はバドミントンをやった.こわれたラケット(柄がとれているので柄なしでやった)をつかってラリー優先でひたすらやる.下手なりに29回までラリーを続けさせることには成功した.
妻は手首にアザをつくるほどにエキサイトしていた.

卓球では中学のときに470回ほどラリーできた経験があるのだが卓球はそれでもせいぜい10分かそこらでその回数を打てる.バドミントンではそうはいかないし,そもそもそんなに上手になることはないだろう.

葡萄と温泉と武田神社と仕上げの和田峠

昨日にひきつづき、まずは武田神社へ。宝物殿をみたりもちろん参拝したり。どこかの大学の部活動みたいなのが必勝祈願していた。

そのあとで葡萄を満喫し、ジンギスカンをいただき、ほったらかし温泉へ。

葡萄について。マンズワインは赤よりあきらかに白がうまいというか赤はむずかしそうだということがわかったのが大収穫といえよう。ジンギスカンは、富士山の溶岩板とやらで焼くのだが、これがとてもイイ。どんな理由なのかわからないが、肉ははりつかないし、いいかんじだ。9000円位で売っていたが。

ほったらかし温泉は駐車場が土煙が舞っているのでそういうのを気にする女性はつれていかないほうがよいと思われる。ながめはとてもヨイ。富士山も見える。

ほったらかし温泉から八王子駅最速理論について。小仏トンネルを先頭に2時間、20km以上の渋滞という状況では和田峠を走るのがかなりいいかんじだということが判明。標高690mだけあって、八王子にはいったあとにみえる夜景はそれなりにいいものでありました。しかしこの峠、ロードバイクで登るのかよ、、それも15分とかで。俺には無理すぎるな。

image

昇仙峡にやってきた

友人と5人でやってきた。たまにはいいですな。そしてW53CAをいろいろためす。やはりなんだかんだいってもシャッター速度は遅いので、ブレる。ブレ防止をデフォルトにする方法がわかればいいのだが、わからない。。

とりあえずこれから、ほうとうを食いにでかける。

image

今回は10時に八王子駅で合流ということで9:56に到着するはずの特快でむかったのだが、特快が豊田のとこでとまったりして実際ついたのは10:04ころであった。まさか電車で遅刻するとは思わなかったのだが、車も微妙におくれていたので丁度いい具合だったようだ。

八王子から乗るのではなく、例によって朝の小仏下りは混んでいるので高尾山口のほうを通って相模湖から中央道へ。談合坂でちょっと休憩し、ケータイの充電をすべくDCACインバータにケータイ充電器をぶっさそうとしたときにトラブル発生。ストリームのヒューズがとんだ。

ヒューズがとんだといってもいろいろわかれているので即使えなくなるわけではないのだが、今回はシガーソケットと、そこについているETCの機械が使えなくなる。ヒューズボックスをあけてみたけど、形状がアレで手持ちなんかあるわけないし、とりあえず走れるので甲府のホンダの店をケータイでしらべてそこを立ち寄り設定して談合坂出発。

高速をETCカードを窓口に差しだして降り、20号をちょっとはしったところで、建設中のくら寿司を発見。面接会場とかいうはりがみがしてあった。そこで友人らの寿司魂に火がついてしまった。山梨なのに寿司とか意味不明でいいよねえ、ということでちょっとはしりだし、おーもうすこしでホンダだよ、というところで車が突如右折し右にあったアトム系の寿司屋へ。ちょい高めの回転寿司だったけどまあ満足。そしてEdyでしはらい。けっこう家族連れがいたけど、くら寿司できたらそっちにとられそうではあったな。

そしてホンダへ。なんかちっこい個人経営の店っぽい。見せたらこのヒューズうちにはねえ、ってことで近所のスーパーオートバックスならあるかもしれないねえ、ってことでスーパーオートバックスへ移動。オートバックスのニーチャンにかくかくしかじか説明すると、そのインバータをみて、それは30Aくらいのだから飛んであたりまえ、とのたまってあっという間に修理し、金もとらずに消えていった。ありがたい。山梨いいところだ。

昇仙峡にいき、ほうとうをくって、1時ころに寝た。

ホテルから手紙が届いた

こないだの旅行で最初に泊まったルネッサンスサムイだが、妻が最終日にアンケートをいっぱい書いていた。快適にすごせたことや従業員の態度やサービスも大変すばらしかったことも答えていたわけだが、改善点としてはもっとタイローカルなデザートが食べたいとかカルチャープログラムとしてタイ舞踊とか見れたらいいのにみたいなことを書いて残してきた。

で、そんなことすっかり忘れていたのだがホテルからそのへんをmanaging teamで検討しますみたいな手紙がやってきた。よくある定型文じゃなかったのでちゃんと考えて書かれた感じの文章でした。

常磐線特別快速 12:10上野発

すわったのはベンチシートなのだが、

  • となりのおばちゃんは、おにぎりを。
  • 向かいのおっちゃんは、パンの耳がたっぷりはいったのをくいながらおーいお茶を飲んでいる。
  • 斜め向かいの高校生か中学生男子は床にペットボトルのお茶をおいてるし。

いやはや。おもしろい。

久しぶりに車窓をみてると小菅の拘置所がなんかでかくなっている気がする。松戸の停車時間は短いなあ。ともかく松戸までノンストップだとものすごく楽だな。

実家について母の旅行手配などして明日は久しぶりに自転車にのろうと思ったりした。しかしPCもこさえたいしこまったもんである。

バーガーキングでダブルワッパーwithベーコン&チーズをいただく

ホテルを朝5時半に出たので、スワンナブームについてから150BHTの豚とご飯をたべたのだが、ひどい代物というか、今回の旅で一番どうしょうもないタイ料理を食べた。

おまけに量もすくなかったので、どうしても何かがたべたくなり、そこにちょうどバーガーキングが。そしてワッパーの上というかダブルワッパーwithベーコン&チーズセット295BHTがあったのでえいやで注文してみる。日本では600+270+210円なので、VATを考慮するとほぼ同じ値段。なんというか結構うまいよおい。そしてあっさりと食べてしまった。大変満足した。ワッパーを日本で食べたのはnaist時代で、そのころは金もなかったしダブルワッパーを食べたことがなかったが、なんだかダブルワッパーのほうがはるかにうまいというか満足感があるな。

ちょうどホノルルからの便到着と重なってしまったよう。帰りの便では頭をひねったりいろいろしていた。荷物をスカイポーターに押し込み成田空港から離れる。