debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

カテゴリーアーカイブ: postfix

http://www.araki.net/wiki/araki-wiliki.cgi?araki%3apostfix%3apostfix-book-errata1&l=jp Postfix本修正page追加。

かんべさんからのありがたい指摘第二弾。ついでにMSのSSLv2,v3から分岐したプロトコルとかも調べたり。

広告

http://www.araki.net/wiki/araki-wiliki.cgi?araki%3apostfix%3apostfix-book-errata1&l=jp Postfix本の修正pageを更新

なんというかいかにも編集ミスです、な指摘をいただいたのを答えはしたのだが反映していなかったのを反映した。

こまったantivirus?

なんか bunny.e-globaledge.com?でサービスしている?

X-PAA-AntiVirus: ScanGuard  header added to keep

とかいうヘッダをつけまくってloopするantivirusをつかっているかたがpostfix-jpに2名いたようなので、今日きっとupdateに失敗したんだろうけど、停止&退会手続きをしておく。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/postfix はてなキーワード

電子メールサーバソフトウェア(MTA)の一つ。

広く使用されているsendmailプログラムの代わりとして開発されている。

Sendmailと似たような構文を持つため、乗換えが比較的容易とされている。

誰だよこれ書いたやつは。。

書店にならんだようだ。

あわせて
修正と解説のpageを、つくった。週末くらいまでに更新せなあかんが。とりあえず本をチェック中。

エソカイfor Postfix本

Postfix本に前もって目を通してくれた友人におれいのメールをゆうべかいたわけだが、丁寧な返事、エソカイの企画、いろいろいただける。ありがたい。ぜいエソカイをしたいところだ。

平せんせいにも、えとーさんにもツッコミをいただけたようだし。まあ、でも本なので、ヤバイ記述はもちろんないし、あんなのもいれたかった、こんなのもしたかった、、というのがあるのは事実。spfを自分のdomainにもいれてみたが、いまだにクエリーは2回しかないしね。このへんが標準化されれば追記することもでてくるだろうと。今回はちょろっとふれただけだし。graylistingをirbでつくりかけてるのもはよ完成させねば。

http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=4-274-06576-6 Postfix詳解

という本が8末にだせることになりました
いやはや、、長かった。この時期に出すものなので、Postfix2.1対応は当然です。

smtp_connection_cache_on_demand

というのがSnapshot 20040729で加わった。と。

Postfix 20040720 with SMTP session caching

これをmizuhoにいれてえなあという気もするが、
こんどはドメインを指定してcachingができるようになったようだ。

smtp_connection_cache_domains = $relay_domains $relayhost

だけでいいのか。

  • cachingのためにholdされるのは2秒。smtp_connection_cache_time_limit
  • smtp_connection_cache_reuse_limit で、トライ回数を10回に制限
  • TLSではまだ
  • SALSではhostnameまで一致してないと利用しない

http://www.linuxjournal.com/article.php?sid=7618&mode=thread&order=0&thold=0 LJのpostfix The Definitive Guideのレビュー

さすがにpolicy serverはまにあっていなかったか