debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

カテゴリーアーカイブ: tech

小島さんインタビュー、JAWSをどう設計し、そして次の手は [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

JAWS-UGはこの人からはじまった!という小島さんの登場です(Youtube

小島さんの「日本のAWSは個人名を知られてる人が多いんですが、最近ボクのことを知らない人が多いんじゃないですか」「実は3年前一人だけだったんですが」という一言からはじまりました。

当時は今でいう都市伝説が多く、組織がなく、パートナーがゼロ。データセンタが日本にないのもアカンとよばれていました。

そんな状況なか考えた戦略はビジネスのベースを支えていただく器のためにコミュニティを作り、「エコシステム万歳」とばかりにJAWS-UGを立ち上げるにいたりました。

次にJAWSのデザイン秘話が語られました。

JAWSは「ジョーズ」という音を大事にしたことと、ロゴとして日本がすぐに思い浮かぶ北斎の絵をモチーフにコミュニティの方に作成していただいて、結果としてアメリカでもかなり仕事がやりやすくなったそうです。

たしかにこのロゴはすばらしく、支部ロゴも様々なバリエーションができています。

JAWS-UGはツイッターをうまく活用したコミュニティの一つなのは自他共に認めるところです。そんな小島さんがツイッターを活用したのは、どうやってリーチするのか考えたところ、東京以外の方ともうまくコミュニケーションできることとが気にいったからだそうです。そして、ハッシュタグでゆるくコミュニュケーションすることが当時の状況に合致したことがさらに幸いだったという分析でした。

小島さんは、JAWS-UGで人生が変わった人にも話がすすみます。私もその一人ですが、「一歩ふみだすきっかけとしてJAWSにきていただければ」とのことでした。

今JAWSみたいな団体を立ち上げるとしたら何をつかいますか?という質問に対しては、「これはシークレットです!」ということで、小島さんのしかける次の手に注目していきたいと思います。

via http://arakinotes.blogspot.com/2013/04/jaws-jaws-days-2013-araki-room-jawsug.html

広告

CI and Testing Unconference in Tokyoに参加して話してきた #ciunconf

「CI and Testing Unconference in Tokyo」に参加しました。#cituncon – HOW TO GOという記事が素晴らしいので、会全体の概要はこちらを参照することをおすすめします。

今回は「CI and Testing」のくくりで行われましたが、Productionとして動いているシステムへのデプロイ、そしてそのシステムからの情報取得というところまでを含めている参加者の方は一部のようでした。その一部の方はたまたまなのか、そういう必然なのかAWSをかなりヘビーに使っている(使おうとしている)方でした。(AmazonLinuxのchef cookbookが足りないとか、valgrind on 手元でも使いたいとか)

そんな自分が気になっているのは、技術者でない人にどうデータを可視化して渡すのかというテーマ。相反する、技術者の価値をお金を握っている人に理解してもらうための可視化は有効な手段であるが、そのための作業の手間はエンジニアを疲弊させるので、なんとかして両立させたいのです。

そこで「ダッシュボードの作り方」「スーツ向けインターフェースは必要か」という話をしてきました。

場所は渋谷と神泉の間にあるVoyageさん。実は二度目だったのだけど、前回の記憶がすっかりなくてすごいオフィスっぷりを今回は堪能しました。

Voyageさんから参加された中の人には大変お世話になりました。次回はツールに踏み込んだ会があればもっと盛り上がる気がします。でもそれだと、ツール名つけた勉強会のほうがいいのかな。。

via http://arakinotes.blogspot.com/2013/04/ci-and-testing-unconference-in-tokyo.html

大石さんインタビュー、国産クラウドとAWSの違い [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

JAWSには欠かせないNo.1プレゼンター、サーバーワークスの大石さんです(Youtube)。

「国産クラウドとAWSの違い はなんでしょう?」という問いかけからはじまりました。

それは、ゼロ戦や戦艦大和のように、歴史的に見て日本は「一点豪華主義」ではないか?という仮説です。

大戦のとき、日本は、細かな点へのこだわりゆえに、単体の性能は高いが、大量生産と運用に向かないシステムを作った。一方で米国は、開発者を空母に乗せて現場でもんで勝てるシステムを作っていたそうです。これはクラウドでも同じことが言えるのではないか?という話でした。

実際に、日赤の義援金システムではAWSの持つ多くのEC2以外のコンポーネントを使うことで、セットアップや運用のコストを減らしたそうです。

単体性能で競うのではなく、システムで勝負しなければ意味が無いことを忘れず、AWSを使いこなそうという大石さんからのメッセージでした。

片山さんインタビュー、#ヤマンはいかにアーキテクトに至ったのか [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

元JAWS-UG副会長の片山(現在AWSソリューションアーキテクト, #ヤマン)さんにお越しいただきました。(Youtube)

片山さんには、#jawsugに入る以前の「エイプリルフールネタblog」の話、1日目のイベントの話、そしてソリューションアーキテクトになるまでの道のりを語っていただきました。

今でこそエンタープライズ向けのアーキテクト部長をしている片山さんですが、ここまでストレートにきたわけではありませんでした。なんと最初の就職は自動車用の鍵の製造ラインからはじまり、その後Javaプログラマになり、オープンソースの関わりやそこでの失敗などを経て、AWSと出会ったそうです。

最後は人材採用の話になってしまいましたが、特にJavaプログラマの皆様、片山さんが求めております!

wordpress.comからbloggerへ移行

そもそも、ScribefireをつかってBlogをかいていたのです。しかし、Scribefireでは、wordpress.comのアカウントを現在というか大分前から登録できないのですよ。bloggerなら登録できた。さらに二要素認証もできた。というわけで。

  1. wordpress.comからエクスポート
  2. blogger用にコンバート
  3. bloggerでインポート
  4. ifttt.comでRSSをみて、wordpressに反映

2のコンバートはhttp://wordpress2blogger.appspot.com/ が便利。しかし記事サイズに制限があり、1MBまでなので https://code.google.com/p/google-blog-converters-appengine/ をダウンロード。

$ /tmp/google-blog-converters-r89/bin/wordpress2blogger.sh Downloads/debiancdn.wordpress.2013-04-16.xml > Downloads/blogger-export-full.xml

こうやって作ったものを実際インポートすると、うまくいかない記事が存在するが、それは仕方ないものとする。

相澤さんインタビュー: 開発者を応援するためにHerokuに飛び込んだ [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

Herokuの相澤さん(@ayumin)の登場です(Youtube

先ず、これを読んだ人は https://www.facebook.com/herokujp にアクセスして「いいね」を押しましょう。相澤さんが助かり(喜び)ます。

相澤さんは3年すすんでいた

好きなサービスはCloudFormationで、好きなCDPとしてStackDeploymentパターンで、3年前からやっていたとのこと!

相澤さんの主張

考えなければならないのは、アプリケーションをつくることであって、サーバを気にすることではない。そこでHerokuをつかって100%アプリケーションを作ることに集中しましょう。お客様はビジネスの価値を今欲しいはず!

相澤さんはなぜHerokuに入ったのか

Rubyはモヒカンでもあり、且つコミュニティにはいりやすく、日本でのコミュニティがパワフルなことも相澤さんがRubyにコミットする理由だったそうです。

相澤さんの本業では多くのRuby案件はまわせるようになっていました。一方で一般のデベロッパーはそうではなく、仕事にできてない状況でした。そこで、「デベロッパーを幸せにしたい」相澤さんは多くのデベロッパーがサービスやビジネスバリューを作っていける環境を提供できる場としてHerokuに飛び込んだそうです。

Herokuはどのプラットフォームを支援していくのか

HerokuはRuby2.0が出た日にすぐに使えるようにするなど、プラットフォームの使われ方を注意深くモニタリングしています。エッジな人達にどう提供するのか、マジョリティの人が何を欲しいのかを常に議論しながら提供していくそうです。

最後に「AWSへの注文」としては、もうすこしAWSとイベントをしたいということでした。

実はこのインタビューで最初におっしゃったことは、「一番いいたいことは本がでたので買ってください」ということでした。

バンタンアカデミーのみなさんインタビュー:AWSを教育の題材にしたお話 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

バンタンアカデミーの皆様にもお越しいただきました。Youtubeはこちら

バンタンアカデミーからは、(講師の)得上さん、山下さん、そして実際に授業に参加した4人の合計6人をお迎えしました。

皆さんは「ごきげんよう – クラウドエンジニアの種を捲く -」というトラックの発表(松森さんによるレポート)のあと、本インタビューにお越しいただきました。AWSを使えば半年くらいでもここまでいける、と言った内容になっていますので、ぜひスライドとレポートをご覧ください。個人的な印象としては、学生がAWSを学ばない理由はないと思いました。

先ず山下さんからは、将来を見据えるとAWSは外せないと判断し、得上さんを講師に迎えたという紹介をいただきました。1年近く授業されたそうです。

そこで、質問をしてみました。

Q.何がおもしろかったのか?

最初はレンサバを個人でつかっていた。

AWSの存在は授業で知りました。スケール対応はじめ、なぜAWSなのかというのを学び、便利さを知りました。

クックパッドはどんなアーキテクチャなのかという授業をしり、AWSを使えばすぐに自分でも試せるところがワクワクしました。

Q.学生さんをみていて「変わった」と思ったところはどこですか

プレゼンテーションから何から、立派になったという印象です。

Q.上級のコースをつくるようなことはあるでしょうか?

1年間というのは適当だと思っています。上級コースの機会よりも、実践や実際のサービスへ仕事して関わっていきたいと思っています。

Q.再度勉強する場として門をたたくことはあるでしょうか?

また新しい技術がでてきて、学ぶことがでてきたらそういうこともあると思います。

Q.最後に宣伝でもなんでも!

業界の方に講師をして頂ける方を募集しているとのことでした。

得上さんインタビュー :EC2よWorkerへ還れあるいは天才のアウトプットについて [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

現JAWS-UG会長の得上さんにもお話いただけました。Youtubeはこちら

得上さんは、今回のJAWS DaysはAWSが力を入れすぎたんじゃないか、という問題提起をされました。これに関してはAWSとしても反省するところは多いのですが、いずれもっともっとJAWSが大きく強くなればAWSなしで開催できるだろうという意思を感じるお話をいただきました。

つづいて、EC2よworkerに還れ、ということで得上さんは、Beanstalkなどの便利サービスからAWSから出ている現状で「EC2でやらないといけないことはなんですか?」という質問を会場になげかけました。会場からはDirectory Serviceを提供してほしい、IAMと連動してほしいという声をいただきました。

得上さんといえば楽しいLTでも有名ですが、ほとんどはパッと思いついて、思いついた時には普段から勉強していることをバックに完成しているそうです。得上さんは風呂敷がたたまれた完成された状態が頭にできてからアウトプットしているそうです!すごいですね。。

meganeさんインタビュー: わからないなりにもAWSは調べれば使えるという話 [[JAWS DAYS 2013 Araki room]] #jawsug

2013年春、東京ビッグサイトへ集結せよ!という掛け声で、3月の15日、16日の二日間アマゾンウェブサービスのユーザグループであるJAWS-US (Japan AWS User Group)が全国から一同に会してユーザカンファレンスを行いました。当日のタイムスケジュール、資料、動画はこちらから参照できます。

荒木が進行した「荒木の部屋・AWSサポート出張所(松井の部屋)」についてはUstream中継の記録がいつでもご覧いただけます。本記事はそこでの会話内容、プレゼンテーション内容を元にしています。一連の記事はこちらで順次追加公開していきます。

分からないなりに http://aws.me-g-n.me/ というサービスをSESなどをつかって作ってみたプレゼンを1日目にやっていただきました。それを受けてのお話でした(youtube)

分からないなりに調べるときには、githubが非常に役に立つようです。AWSのSDKを見るだけではわからないところが実際の利用例としてgithubには多数のコードが存在しています。

英語が読めないなりに、CloudpackServerworksクラスメソッドのBlogは大変に役に立つということで大きくもりあがりました。同感です!

Google Glassが近い将来でたら、GeoLocationが重要になると思っている。そのときにうまくアプリが作れる基盤をAWSが提供できるようになってほしい、という注文でインタビューは終了しました。

そのときはぜひまたアプリ作成LT、おねがいします。

ログ解析で楽をする話 #qpstudy でしてきました。

ログ解析というのはインフラエンジニアの基礎の基礎です。アプリケーションが定まればそれなりのログ解析ツールは存在します。Debianのstableですら数十のツールがあります。

とはいえ、実際のログというのは往々にしてアプリケーション毎に全然ちがっているのでツールは役に立ちません。結果としてgrepを駆使したり、はたまたRDBに突っ込んだりして試行錯誤することになります。

見事に解析できたとしても、それを可視化することを考えると楽できることを考えておきたいわけです。

そこで役に立つのはログ解析SaaS.Sumologic, SplunkStorm, Logglyなどけっこうありますが、qpstudyではSumoLogicを紹介してみました。GUIでログを横断的に絞り込めますし、その処理構文はいつでも繰り返すことのできるすぐれものです。

無料で使えるサイズでかなりのことができますので、ちょっと試してみる価値はあるものです。

ところで、、SaaSよりもインストールして使いたい方には、Splunkおすすめです!