debiancdn

AWS, Content Delivery Network and Debian

タグアーカイブ: dns

cdn.debian.net と ftp.jp.debian.org の動作に問題があればgithubにおねがいします。

Debianにおけるパッケージ流通はaptが基本的なものになっている。いまどき完全なスタンドアローンで動作しているような例もすくないので、なにかしらaptの御世話になっていることは多いかと思う。

昔のaptの実装ではhttp redirectができないので、http redirectに頼らない誘導方法になっている(現在のaptの実装ではhttp redirectができるので、http.debian.netというサービスが誕生している)。

check_serverの実装自体はRails3.2です。

動作チェック、文句、要望について

以下、内部の説明。

DNSサーバは dns.s.araki.net という名前で、dns_balanceが動作しています。

  • どのDNSを使うかはレイテンシベースのルーティングで3リージョンから選択している。
  • DNSであるdns_balanceは定期的にcheck_serverに対して最新のサーバ生死情報をELBのURL ( http://cdncheck1.araki.net/status/alive )に対してとりにいく。
  • 入手はJSONが使われる。この取得のためのプログラムは gae-surrogate.rbという名前

チェックサーバは、

  • チェック対象である世界中のDebianミラー200台をSQSに順次登録する。
  • チェックサーバの動作は http://cdncheck1.araki.net/view/index で確認できる。

チェックするためのコードはcheck-receive-forward.rbというファイル。

  • SQSからチェック対象ホストを1つ抜き出す。
  • チェックは対象ホストの http://対象サーバのアドレス/debian/project/trace/ftp-master.debian.org を確認し、最終ミラー時刻が8日以内であることを確認する。不達であったり遅延が大きい場合には”alive=0″として登録される。
  • チェック終了したらSQSから消す。
  • チェック結果はSimpleDBに登録

    地理情報の話やAS情報の話は又の機会に。

       

      広告

      easyRoute53: Route53を前提のドメインレジストラ

      easyRoute53: A GUI, User Interface to Amazon’s Route53 DNS with Registrar Support

      まあ中身的には大したことをしているわけではなさそうではあるが、GUIがほしい人、楽したい人はあってもいい選択肢だと思う。

      easyDNS and Amazon are not partners or affiliates.

      としっかり断り書きもはいっているのも好感か。

      どんなことをしているのかは、スクリーンショットをみるのがいいね。